読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

童貞捨てるつもりが、人間やめてました。

童貞捨てるつもりが、人間やめてました。

 

ドラクリオット始めました。

 

姉が実家に帰省していたものの、姉が向こうに戻ってからやることがなくなったので、Amazonで購入。現在プレイ中。本来ならパッチ入れたりしないといけないんだろうけど、最初から入ってた。

マリオカート8?知らんな。

 

わかる人にはわかると思いますが、前回やったサノバウィッチと同じブランドのゲームであり、中々面白いです。

 

今回始めたドラクリオットはゆずソフトの6作品目であり、

前回プレイしたサノバウィッチはゆずソフトの8作品目。

 

ゲーム起動時の「本作品はー」のボイスがなかったので、この辺はサノバウィッチとは異なるんだなーって思った。(一瞬バグったと思ったのは内緒。)作品を追うごとに色々増えていくのはどこのゲーム会社でもありえることなのかもしれない。まあ、それでも基本的な操作はできるので、悪くはないです。話もしっかりしてると思うし。

 

サノバウィッチは魔女がテーマだったのに対し、ドラクリオットは吸血鬼がテーマ。よく考えるとどっちも普通の人じゃない気がする。

 

魔女と吸血鬼の違い

 

魔女

・願いがある

・契約をするとそれなりの代償を伴う。

・アルプという相方がいる

・魔女服を着ると普通の人間には認知されにくくなる

 

吸血鬼

・時々血を摂取しないと最悪死ぬ

・日光が苦手

・海水が苦手

・何らかの能力が使える

・身体能力が普通の人間よりかなり高い

 

吸血鬼はアクアエデンという海上都市に住んでおり、基本的にはその島から出ることはない。そもそも、島の外の人間に存在を知られちゃいけないみたいなところがあるので、アクアエデンそのものが隔離された島という感じがする。

世界観は独特のものであり、人間と吸血鬼が共生しているという設定。島に吸血鬼がいる以上は人間にとっては住みにくいのかもしれないが、別の理由で寧ろ吸血鬼の方が少し暮らしづらい環境なのかもしれない。言っても、ここ以外に吸血鬼が住めるところはないと思うが。

この島そのものが、吸血鬼中心の島という感じはする。ただ、普通の人間もちらほらいる。メインヒロインにも人間は存在する。

 

吸血鬼の能力に関しては、人によって使えるものが異なり、誰が何を使えてもおかしくない気がしなくともない。美羽がやってたことはレベル高いと思う。

 

チャプター2-4まで進めましたが、結構面白いです。

メインヒロインの殆どが吸血鬼である中で、梓が普通の人間やってる反面、(深夜に普通に起きれてるのは凄いが)あるイベントからして凄腕のスナイパー感出てる。

兵馬はダンディでかっこいいし、ニコラは中々面白いキャラしてると思う。

といった感じでまあ楽しんでます。