読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラクリオット 感想

全ルート終わったので、サノバウィッチの時同様、まとめに入ります。

 

・世界観について

人間と吸血鬼が共に暮らす街、アクアエデン。漢字で書くと「海上都市」。

治安は思ったよりも悪かったかもしれない。サノバウィッチの次にこれをやったので、結構犯罪モノの匂いがした。誘拐から始まり、ヤク、イカサマその他諸々。主人公は軽く何度も死にかけ、主人公補正により見事復活。普通の人間だったらとっくの昔に死んでる。

 

・システムについて

サノバウィッチよりは前の作品なので、機能は勿論少ない。だが、逆に言えばシンプルである。公式サイトを見た限りだと、会話中にキャラクターの表情が変わるのはこの作品かららしい。梓やエリナは結構お気に入りの表情が多かったり。後、ウインクにやられた。

 

・総評

よかったです。バトルシーンでの緊張感は異常。バトル物ではないんだが、熱くなったシーンはあった。自分は特撮とかは見ないので、そういうのに興味があるわけではないが。

感動するシーンもあった。サノバウィッチの寧々ルート並みのハイドロポンプは起こさなかったものの、痺れるシーンはあった。

「梓が俺を守るんじゃない 俺が梓を守るんだ」

主人公に惚れたのはこれが初かも。

梓ルートはもう一度見てみたい感ある。

 

ここから先は各キャラクターごとに対する感想。

 

・主人公

5ルート終わらせておいて言うのもなんだが、苗字覚えてません。

子供の頃からライカンスロープの因子をぶち込まれてたらしく、島に来てからの吸血鬼騒動でライカンスロープと化した人間。結局のところ、美羽の服を引き裂いたあの能力は謎。切断か何かか?念動力の方が正しいのかもしれない。

莉音ルートでは色々な能力を乱用した。ライカンスロープの可能性は広いが、普通の吸血鬼にとっては恐ろしい立場だと思う。ヤクすら力に変える絶対強者。核ミサイルすら凌ぐその能力の限界はどこにあるのか。

イケメン。サノバの柊史君と肩を並べられるレベル。相変わらずの超鈍感。ヒロインの恋心に気付かないとかザラ。ただ、自分が気づいてからはガチ。無意識の内に相手を惚れさせる天才。

ロリコン

 

・美羽

第一印象だとかなりかっこよかったが、童貞と口にする度に顔を赤くする辺り、かなりの照れ屋。よく見るとパッケージやタイトル画面の恰好はみんなが仕事着。念動力そのものはかなり応用が効きそうにも見える。メインヒロイン4人の中でも、最も早く恋心を抱いたキャラかもしれない。あと、先に佑斗に対して仕掛けた人物でもある気が。

個別ルートでは美羽がリードする側になってる印象もある。そして、美羽が佑斗を守るシーンもちらほら。倉庫が崩れた後の美羽の本気っぷりはガチ。ラストを飾るにはいいストーリーだったと思う。他ヒロインルートでもそれなりにいいキャラしてた。

 

・梓

かわいい。特に水着姿がやばい。アレで致したい気持ちはわかる。(俺も致したから)

幼児体系。Hしたい。hshsしたい。

風紀班のマスコットキャラクター。(に見えなくともない)吸血鬼を狩る狩人の血を引いているものの、吸血鬼である佑斗に恋をした人間。禁断の恋と言えなくもないが、吸血鬼が住む寮の寮長なんだからわからんでもない。各ヒロインルートで寮長命令と言いつつも、性的な内容に興味を持っている辺りメインヒロイン4人の中ではトップクラスにHな可能性がある。(本能でやばいことになった莉音や素で爆弾発言を繰り返すエリナもそれなりに強いが。)

個別ルートでの佑斗に対する愛は本物。本来、人間が吸血鬼に恋をすると魅了されて性奴隷みたいな感じになっちゃうらしいが、狩人の血がそれを何とか防いだとかなんとか。

銃の腕は本物。エイム力252振り。途中から吸血鬼だと疑ってたのは内緒。人間も、夜での生活には慣れるらしいし、銃の腕は本気で磨いたって思えば人間と思える。

 

・莉音

家事252振り。でかいおっぱいの持ち主。性知識0で本能だけで初Hまで持ってくるヒロイン。エリナのおもちゃ。素でディープキスに興味を持つ辺り、深い愛に興味を持つキャラ。実際にこの子との恋愛は根が深そう。一人で海に行ったときは佑斗を残して自殺するんじゃないかってかなりヒヤヒヤしたが。

ライカンスロープの因子持ち。念動力を利用して車を浮かす超人。怪力の能力も持ってるからポケモンでいうエスパー・格闘になってる。誰に対しても気前がよさそうな印象。

ヒロインの中で唯一結婚を決めた子。その頃にはどちらも人間になっている。

 

・エリナ

イカサマクイーン。ありとあらゆるヒロインやキャラに対して巧みに言葉狩りを行い、エロい発言をしていく変態。各ヒロインルートで入れ知恵をしていく張本人。美羽以外全員入れ知恵されたような・・・?そしてバニーガール姿が最高にかわいい。言動に反して、かなりの友達思い。特に莉音に対してはかなり強い方だと思ってる。

ロシア系で、あらゆるロシア語を使いこなす。エリナと学ぶロシア語講座というのがあってもいいぐらい。電気系の能力を持ち、放電どころか停電も起こす強者。人間じゃなくて吸血鬼の血を吸わないといけない理由はわからんけど、実験の影響受けてそう。

ただ、ロシア時代でお世話になった美人がいるんだから、あそこでの暮らしもある程度はマシなところがあったのかもしれない。

 

・ニコラ

どう見ても男性。服の下に秘められた莉音をも超える爆乳の持ち主。幼い頃から男性の恰好をしていたとかなんとか。だが、ベールを脱げばガチの金髪美少女。はっきり言って別人としか言えない。

極度の厨二病。OPでは墓場にいたが、そんなシーンは本編にはなかった。

 

・ひよ里

人間の中ではトップクラスにかわいい。この子のルートがあってもおかしくなかった。公式サイトには一般人とは書かれているが、エリナ同様、友達思いな子。私の年収低すぎ?

 

・小夜

市長。カリスマ性抜群。ぶっちゃけ300年生きてる気がする。合法ロリババァ。だけど、ロリババァなんて口にした日には生きて帰ってこれない気がする。長年生きてるだけありかなり強い。再生系の能力が強すぎて、見た目はどう見てもロリ。10歳と言っても間違えられない気がするがかなりのロンゲ。女は12を超えたら年増。美羽ルートで島が沈む可能性があった時も、島に残ろうとした辺り市長としての、アクアエデンを立ち上げた人間としてのプライドっていうものがあったんだと思う。

個人的にかなり好きなキャラ。(見た目補正込みで)でも、何度か死にかけた経験はあったのかも。

 

・アンナ

100歳。梓ルートでは元樹とグルになって本気で人間と戦おうとしていた。梓のお祖母ちゃんであることは流石に読めなかった。だが、孫の恋を応援してくれてる辺り実は超いい奴なのかもしれない。

 

・萌香

謎の多い人物。エリナルートや美羽ルートでは見事なハッキングを決めた。政府よりもこいつの方が問題があるのでは。

実際の年齢は謎だが、多分30代~40代

 

・元樹

ラスボス。梓ルートや莉音ルートではラスボスとして佑斗やヒロインの壁として立ちはだかった。戦闘力がかなり高く、美羽ルートでは単騎でも色々なぎ倒していくからやばい。エリナルートでは色々味方として協力してくれたキャラ。味方に回すと強いが、敵に回すと危険な印象。再生能力持ちの市長すら凹す実力者。梓ルートでの変身能力はガチ。まあ、退魔弾ぶち込まれたり、投げられたりとことごとく佑斗にやられてるが、愛の力には勝てないって感じ。

ホモ。冗談抜きで佑斗のことが好きだからやばい。こいつ他の人物に対してもホモとして接してたのか?しかも、相手を信用させるためでもなんでもなくて。裸シャツで接近してきた時は流石にやばいと思った。ただの興味本位では済まされないレベル。

元々は普通の人間だったが、とある諸事情によりライカンスロープになった人。その後は政府とも戦ったんだからかなりつらかったと思う。実際にルート次第では政府に対する鬱憤をぶちかましている気がする。というかニコラ除いた全ルート敵として回るか、政府やマッドサイエンティストと戦うかの2択しかないが。

 

・兵馬

チーフ。管理職お疲れ様です。

人間で吸血鬼のことが理解できる人。結構部下に慕われている感じがする。梓ルートのラストで監査役になるというやばいほどの昇格っぷりを見せる。まあ、梓ルートが一番島の未来が色々変わりそうな印象はあるが。(アンナも元樹もいなくなり、兵馬が監査役として上がっているから、本来の島の形とはかなり異なっている。他のルートでは元樹が人間に戻るものもあったが、流石にアンナ諸共いなくなるのはこれぐらい。)

 

・直太

脱DTするつもりが、結局できてない子。

寧ろ、主人公が脱DT決めてる。

活躍の場は少なく、主人公の相方ポジとしては影が薄い方だと思う。まあ、本土の人間だから仕方ないか。たまに電話をかけてくる辺り、佑斗のことを心配してくれてるいい奴。その佑斗は莉音の裸見てたりしちゃってるわけなんだが。