天色アイルノーツプレイ日記 その4

毎日書くなら。フリゲーに出てくるレベルの日記でいいと思う。そう思った今日この頃。

愛莉ルート真っ最中。チャプター9まで進みました。このままだと普通に10とか11とかありそうな感じ?12まであると見た。

「お兄ちゃんのことなんて好きじゃないです」これが引き金となり、主人公は本格的に愛莉のことを気にするように。そして愛莉が主人公に告白し、主人公も愛莉に告白する展開に。というか愛莉も愛莉でわかりやすい。ツンデレではないかもしれないが素で自爆しまくる。隠すのは下手そう。

自分を教え子でもなく、保護される側でもなく、一人の女の子として見てほしい感じがした。逆に、主人公も教師でもなく、保護者でもなく、一人の男性として見てほしかったのかもしれない?

それにしても、このゲーム始める前は「学生と教師の恋愛って問題あるのか・・・?」とか思ってたが、今思えばかなりものすごいライン走ってると思う。虎倉に至っては、愛莉の反応もあってか速攻で気づいてる。あの人鋭い。

学生×教師である以上、(今回は親戚としても見れるが)サノバやドラクリとは違って背徳感があるのかもしれない。学年内でトップクラスの人気を誇る寧々や、元生徒会長の憧子や、寮長の梓と付き合ってても身分や立場についてそれがどうのこうのって言われてなかったからなあ・・・ これからどう転がっていくのか楽しみですね。そして、シャーリィと夕音の恐ろしさは相変わらずだった。夕音に至っては前科があるので冗談が冗談に聞こえない。でも、ああいう子達に限っていざ固有ルート入るとかなり真面目な話だったりしなくともないと思っている。

愛莉ちゃんの頭撫でたい。レブラサンドのCGは愛莉を見下ろしている感じがしてよかった。背の差があるとロリ要素が高まりますなあ。子猫のようにかわいい愛莉ちゃんを飼ってみたい。夜の森でスライムやら蔦やらにまた襲われないかwktkしてたのは内緒。捻挫してて足とられたとこで、まだワンチャンあると思ってたからやばい。前もそんな感じだったからね。仕方ないね。

明日には愛莉ルート終わるかも・・・?