読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメRewrite 第九話「回り始める運命」

Rewrite

ガーディアンの方々が基地で会話しているところからスタート。Terra編や静流√でよく見た基地。懐かしいですね。今宮さんが元気そうで何よりです。

 

瑚太郎と篝が風呂入ってるシーンは某猫型ロボットのアニメを思い出しますね。「キャー、篝さんのエッチ!」

 

瑚太郎と篝が街を徘徊しているとストーカーの方々に追い掛け回されたり、ヨッシーノと出会ったりといろいろ。どうやら、いつものゴスロリ衣装でも一般人に見えているみたいですね。パッと見だと彼女でも連れてるように見えるのかもしれない。

あと、今宮さんへぼすぎや・・・ガーディアンとは言えどもちびもすならまだしも一般人に囲まれてフルボッコされてたらアカンで・・・まあ、あの場所で本気出せないんですけどね。あとで西九条にこっぴどく叱られてるのが笑える。

 

まさかのルチアと再会。やっぱガーディアン共普通に徘徊してんだなあ・・・それほどガイア警戒してるのがわかる。まあ、ガイアの二人と違って瑚太郎とかなりの面識があるからそりゃ心配もするんだろうけど。

 

3話以来にミドウさん登場。またお前かと言いたくなるが、今度は黒わんこ2匹連れてた。(こないだの赤わんこは咲夜にやられた)黒わんこを瑚太郎にけしかけるも、篝によってどっちもワンパン。リボンで攻撃するときに目が死んでたから、アレは無意識のうちに出してるみたいですね。本人でも自覚してない模様。ミドウも残念なことに、ちびもすにボコされるという悲しき結末。お前ら強敵の威厳もクソもねえな。

 

家に帰ったら空き巣されてたが、犯人は虫のお二方。瑚太郎の自宅ちゃっかり把握してる・・・篝のヒーコーは無事だったそうです。こっそり人のPCで注文してんのか・・・

 

小鳥に呼ばれて小鳥のアトリエへ訪問。一人で豪勢な秘密基地作ってますねえこの人。まさか穴が開いてそこから入れるとは思わなかった。ゲーム版では石の町みたいに迷い込むタイプのものだと思ってたんだけどな。

瑚太郎が小鳥に告白するシーンが見られるが、アレ小鳥のねつ造だったような・・・?細かくは正直覚えてません。

ガイアもガーディアンも地球を救うみたいなことを言ってるが、小鳥さんそれ片方違いますよ。

 

聖歌隊が動き出し、なんか篝が危ない気がする。そして、ぎるぱにが咲夜と内通しているので、潜伏か所は割れたも同然(それを朱音に通告するかはわからないが)

何より一番やばいのは、地竜も動き出したこと。骨格標本に肉付けして起動させてる感じですかね。それにしても筋肉の描写きめえ。人体模型もそうだが地味にああいうの苦手である。大勢の人間の命を吹き込むことによって出来上がる超大型魔物。人間がガイコツと化してバタバタ倒れていくシーンは控えめにいってやばい。しかも、地竜の目がギョロっとしてるし魔物作りってやばいもんやね。

 

相変わらずしまこはかわいいが、聖女システムの闇に飲み込まれないことだけを祈ってる。加島のばあちゃんはどうあがいても死にそう。

 

 

さて、第九話が終わりましたが、第10話からガイアとガーディアンの争いが勃発しそうですね。魔物vs超人。地竜も動き出すので、ガーディアン側はかなり不利かも。ただ、シズルチアおよび今宮とか西九条とかバイヤーンとかも動きそうなので、まだなんとかなるか?

ミドウは非協力的ではありそうだが、勝手に参戦しそう。ガイアって非協力的な人物ばっかりだよね。穏健派、強硬派、聖女会、須崎派と派閥が多すぎる。まあ、左二つはかなりの小規模グループだが。

聖女会が最も危険なグループであり、野放しにしていると篝をコントロールさせられて地球(月だけど)が終わる。そのとき瑚太郎は何をするんですかね。

 

とりあえず、地竜戦とミドウ戦は期待してます。葉竜、クリボイログ、キリマンジャロと強力な魔物がバタバタやられちゃってるので。高砂は参戦しなさそう。瑚太郎が高砂ボコしたのは朱音との深い絡みがあってこそなんだよなあ・・・