読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柑南√

柑南√終わりました。

 

この記事を書くのは、最後のエンディングを見てからだったりする。というのも、記事を書く前に、最終√を見ておきたかったっていうのもあるのだが。

 

若葉の想い

自分のせいで、柑南はやりたいことがやれないんじゃないのか。自分が重荷になっているのではないのか。という想いを抱えていた。だから、柑南にメイドをやめさせようとしていたけど、実は柑南がいなくなることは寂しいと思っていたというジレンマ。柑南と若葉が泣きながらお互いの本音をぶつけ合うシーンは必見。柑南だけじゃなくて、若葉も結構思い詰めてたんだなあと思った。

 

柑南の過去

結構やばかった。というのも、両親は幼いころに離婚してて、父親がひたすらパチンコ撃ってたという状況。育児放棄でもあったのか、親に内緒で財布の金を盗んで何かを食べに行く生活にすらなってた。

ボロボロの身で、空森家に拾われる柑南。柑南にとってそこは新しい居場所でもあった。

 

なぜ柑南はメイドになったのか

単に誰かのお世話がしたいという気があったから。空森家への恩返しではなかった。

 

久美ちゃん先生のありがたいお言葉

「伝えてあげてね。この先にも幸せはあるって、信じられるように」

正直、この言葉にめっちゃ撃たれた。見た目の割にはいいこと言う。

 

最後に

序盤は何とも言えない気分でやってたのだが、終盤になってからの盛り上がり?がよかった。数日ぐらい放置してたのだが、「ののかと比べると・・・」という√ではないなーという感じ。まあ、キャラ的にはののかの方が好きなのだが。公式サイト見た頃からあんまりパッとしないキャラだと思ってたので。