読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメRewrite 第23話「篝火を追うもの」

バンバン人死にまくってますねこれ。

バトルロワイアルやったら瑚太郎はキル数1位とちゃうかこれ。

 

 荒らしまくる瑚太郎

ガイア側についておきながらガイアの魔物使いを倒していく。

魔物使いを倒せば魔物は倒れるので、篝を囮にして倒していくスタイル。

 

やっぱりガイアはガイアで篝を狙うようですね。

んまあガイアにとってはそんなことあろうがなかろうが篝利用できる連中がいるんでぶっちゃけこの策はある意味、意味なかったり。

 

聖歌隊に紛れてるあの人

井子さんだよなあ・・・。

忘れたころにやってくる。

てか目が死んでる。

全て加島のせい。

 

あんなにかわいかったあの人が以下略ってやつ。

エロゲヒロインになれるほどの何かを持っても色々詰んでる。

 

ガーディアンも荒らす

ガイア荒らしてた時にこっそり大西を殺害。

まあ、生きてたら都合悪いからね。仕方ないね。(目の力は瑚太郎が思ってたよりも優秀な模様)

ガーディアンも頑張れば小鳥の魔物1匹ぐらい倒せる。

大西が地竜にフルボッコされて倒されたところを瑚太郎がとどめ。えげつない。

なんつーか瑚太郎が平気で人をバンバン殺せるようになってきてるのが怖い。

戦争の時は一人殺しただけでゲボ吐いてたんだけどなあ。あの時の瑚太郎君はどこへ行ったのか。

 

慣れって怖いね

 

江坂の帰国と洲崎の死

江坂が帰ってきてとりあえず洲崎を殺害。

強硬派がバタバタ倒れていく中、聖女派は生きてる。

というか強硬派よりも聖女派を倒さないとやばい。ある意味ガーディアンやらかしてる。

 

洲崎が死ぬ寸前のところで洲崎は瑚太郎の正体に気付いてた?

まあ、気づいたとこで死んだので関係ないのだが。

 

西九条の夢

先生、頑張ってください。

瑚太郎君は一人で勝手に暴れてますので。

(「今はそれぞれの道を~」 → 瑚太郎は裏切者)

 

つーか、今宮が地竜にやられてんのに自分で「あんな程度」って言ってて笑える。まあ、わかる。(ガーディアンは自信家的な何かがあるので。今宮のキャラもあるんだろうけど)

 

それにしても今宮のキャラ嫌いじゃない。チャラく立ち回って静流にしゃべりかけて「あげない」って言われてるのに草。

子供にやられてやんのw

 

加島「俺のターン!」

「洲崎が墓地に送られることにより特殊効果発動!」ってノリ。

 

クソ邪魔な妨害厨(元恋人?)が組織ごとぶっ倒れたので加島のエンジンがかかる。

聖歌隊はうるさくなるわ、篝はぶっ壊れるわ、森にまで響くわ、荒らしたい放題。

町の一般ピープルすら騒ぎ出す始末。

1期と似た構図のシーンが出たのは気のせい。(ビルの屋上で加島となんか2人)

 

小鳥の両親の死

小鳥はずっと前の約束を覚えてた。

「一緒に収穫祭回ろう」

未だにそんなこと気にしてたのかこいつは。とっくの昔に忘れてたのだと思ってたのだが。

子供にまれによくある結婚の約束的なアレ。

僕が今やってる某エロゲではマジでそんなノリでゴールインできたっぽいのがいたんだけどこの世界はそんなに甘くない。

目の前で両親(魔物)をぶっ殺される

瑚太郎君すげえひでえこと言ってるけどそうでもしないと小鳥が自滅する可能性がある。そうするしかなかったんだ。

つーか魔物って銃弾で殺せるんやな。

 

江坂の死

とりあえず瑚太郎が暴れてるっぽいので江坂が瑚太郎に喧嘩売りに行った。

結果、瑚太郎が勝った。

つーか瑚太郎めっちゃフルボッコされてたけど血を操る能力って便利やね。めっちゃ強くないアレ?

 

江坂は最後の一撃決める前に勝ったと思ってたんだろうけど実際のところはそうでもないっていう。

瑚太郎自身諦めてたしあの能力って実は意図的に動いてないところもあるのかも。

 

とりあえず師匠やりw

 

最後に

次で最終回って早くない?

なんか今回めっちゃ駆け足だった気が。

 

ここ最近上手い記事書けないなあって思ったけどもう書けないとなると寂しいような寂しくないような。

 

またそのうちいつか会いましょう。

 

良い記憶を!