マリオカート8デラックス カスタマイズ案

velociraptorre01.hatenablog.com

2017/7/5追記:記事作り直しました。新しく作った記事は↑の記事です。

 

 

 

velociraptorre01.hatenablog.com

 

「誰かに何かを伝えたい」というよりかは「独断と偏見で自由に書く」をメインにしている。

ノリとしては過去に書いたこれらの記事に近いかも。

velociraptorre01.hatenablog.com

velociraptorre01.hatenablog.com

今後ともこういう路線で記事を書いていくつもりではいる。

それでこそ個人ブログじゃねえのかなって思ってる。そういうスタンスです。

 

あの記事(ページ最上部にあるアレ参照)があるのに8DXのカスタマイズ案の記事を出さないのは流石に違和感があるので出したかった。(本音言うと、こいつがひたすら注目記事の上位に来てるのがなんか気に入らなくなってきたので、それを下位に叩き落すためでもある)

 

 最初に

タイトルだけを見ると「マリオカート8」に「デラックス」とかいう名前をつけただけのゲームだが、仕様が色々変わりすぎてるので「ただのリメイク版みたいなもんなんだから、マリオカート8の時と同じようなマシン使っとけばいいじゃん」という話にはならなくなってる。

 

カスタマイズする上での気になる点 ~マリオカート8との違いについて~

(赤字は重要だと思った箇所)

・加速と重さが小数点切り捨てというバグが撤廃された

・サンドリの撤廃

・カスタマイズによってミニターボの溜まりやすさや発動している長さが変わる

・ウルトラミニターボの実装

・既存のマシンやキャラクターの性能が変更

・新しいマシンやキャラクターの追加

 

バグの撤廃により単にマシンの選択肢が増えたのかと思いきや、今度はミニターボという性能に目をつける必要性が出てきた。

故にある程度はマシンが絞られている。(というかある程度一定のレベルの高い部屋になってくるとその法則性に従ったマシンが大半になる)

 

結論から言うとローラーが人気

ローラータイヤ(スカイローラー)が非常に人気であり、部屋によってはこればっかりいたりする。

カートだろうが、ハングオンだろうが、ATVだろうが、360度どこを見渡しても殆どがこいつらで埋め尽くされている。これには一種の宗教染みた何かを感じる。

 

ローラータイヤのメリットとして挙げられるのは

ミニターボが溜まりやすい+発動している時間が長い

・加速とハンドリングが高い

大体この辺。逆に、スピードと重さはポンコツと化しているが、それに見合うほどの性能はある。(寧ろミニターボが溜まりにくいタイヤだとミニターボの溜まりにくさに違和感を感じるようになる。また、ローラータイヤ以外のほうが速くゴールできる場面があっても、VSでは加速も求めたくなるので、他のタイヤを使うのに抵抗を感じる場面はあるはず)

 

また、重量級でも体当たりされることによって致命的な事故を起こすこともあるのでぶっちゃけ重さとかなんの意味も成さないし、スピードはコインで誤魔化せる上に各々の走力で全てが決まるようなもんなので無視していい。(極端な話だが、最速マシンの初心者と最遅マシンの上級者じゃ後者のほうが速い。結局はプレイヤーの中身によって全てが決まるということ)

 

マリオカート8で猛威を振るったスリックタイヤとリングタイヤだが、ミニターボ性能が抑えられてるせいかアホみたいに減ってる。絶滅したとは言わないが、それでも殆ど見ないと言っても問題ないんじゃないかってレベルでいない。

求められているのがスピード<ミニターボ性能の時代となっている。

ミニターボ性能が求められているのはDS時代を思い出す。マリオカート7でもワイルドタイヤよりもワイルドレッドのほうが人気があったのだが、アレは微妙な性能の差でしかない。今作に至ってはそれなりにデカいレベルで性能の差が出ている。

 

グライダーは何がいいか?

ぶっちゃけなんでもいいんじゃないんですかね。

少なくとも僅かなハンドリングの差で致命的な場面に遭遇するようなことはないはず。

グライダーによってミニターボの溜まりやすさが変わったりするのだが、ある程度は見た目で決めてもいいと思う。

 

但し、グライダーによっては前方が非常に見辛くなる。グライダーのせいで見にくいところにバナナなどが設置してある可能性もある。(DKジャングルの終盤やプクプクビーチの序盤とか特に危険)

 

ボディは何がいいか

「ぶっちゃけなんでも」って言いたいのだがそうでもない。

個人的に使いやすいと思ったものを列挙してみる。

 

・スケルト

(上から見た図)

 ・・

・  ・

タイヤの配置がひし形みたいな見た目してるアレ。

実は「モト・ドーザー」や「きせかえスクーター」と同じ性能をしている。

そいつらはドリバイであるが故に独特の挙動をしている。

具体的に言うと、ドリフト開始時の無駄な膨らみ具合が半端ない。

無理にそいつらを使う必要性はないと思ってる。

余談だが、乗ってるキャラによってボディの色が変わる。

オンラインだと少し少な目。

 

・パタテンテン

(上からみた図)

・  ・

 ・・

ケルトンと比べると、ある意味ひっくり返ってる。(タイヤの配置的な意味で)

全フレーム中、最強の加速とハンドリングとミニターボ性能を持つ。

但し、スピードと重さは最低レベル。

ローラータイヤをボディにしたようなマシン。パチモンにそらまめが存在する。

こいつもスケルトン同様、乗ってるキャラによってボディの色が変わる。

重量級でこいつに乗ってるやつはそれなりにいる。

 

クッパシップ

(上から見た図)

・ ・

・ ・

ケルトンやパタテンテンとは違ってタイヤの配置が「長方形」って感じがする。(伝われ)

あと、横幅が小さい。

同じ性能のマシン(パチモン)として「わくわくビートル」があるがあいつよりかは痩せてる。

どっちを使うかは人次第だが、こいつのドリフトは変に傾いてる印象。

性能としては「パタテンテンを少しはバランス良くした」って感じ。(但し、重さは変わらない)

なぜか水中のスピード性能が高めに設定されてる。見た目が船だけに水中性能は高めに設定されたのだろうか。(わくわくビートルも同じ性能をしている)

とは言ったものの、水中がアホみたいに長いコースはドルフィン岬以外思い浮かばないので水中性能は捨てていいと思ってる。

ぶっちゃけ、最近減った感。なんか虫のほうが多く感じる。

 

ハナチャンバギー

ATVの一種。

部屋によってはこいつがアホみたいに上位に固まってる。ローラーには及ばないが宗教染みたパーツの一つ。マリオカート8時代からの生き残り。

クッパシップ同様、タイヤの配置は長方形って感じ。

車高がアホみたいに高い。クッパを乗せたときは特にやばい。前のバナナが見にくくなることも。

さっき挙げた3つよりかはスピードが速い。

クッパシップと比べると反重力のスピードに関してはそれなりの差が出ている。コースによってはクソみたいに反重力エリアが続く(あろうことか全面反重力のコースすらある)ので、それを考慮するとクッパシップよりもこいつを使ったほうがいいのかも?

他の性能に関しても「クッパシップよりも更にバランス良くした」って感じ。

同じ性能のマシンとして「W25シルバーアロー」「スタンダードバイク」「バーニングボール」が挙げられるがそいつらとはなんかあからさまに何かが違う感ある。そいつらを使おうもんであれば汚いエンジン音かドリバイの挙動でやられる。ぶっちゃけ車体は小さいほうがやりやすいです。

 

・くまライド

ATVの一種。

タイヤの配置は長方形。

同じ性能のマシンとして「ネコクラシカル」「スーパーコメット」「ヨッシーバイク」が挙げられる。

前者はまだしも後者はハングオンなのであからさまに使い勝手が違う。操作すればわかる。ハングオン独特の何かを持ってるので別マシンと化してる。

ハナチャンバギーとの比較として「特にこれ」と言えるようなところはない。ぶっちゃけ、性能も似ている。ただ、反重力のスピードとオフロードに関してはハナチャンバギーのほうに軍配が上がる。

くまライドはハナチャンバギーよりも若干重いという特徴がある。

結局のところ、ハナチャンバギーのほうが人気であることには変わらない。

個人的にはこいつも悪くはないとは思ってるのだが、ハナチャンバギーには少し譲ってしまう何かがあるんじゃないかなっていう印象。

 

・スプラバギー

ATVの一種。

いつものことだが、タイヤの配置は長方形。

ブルーファルコンの親戚。(性能が一緒という意味で)

だが、向こうはカート故に横にデブい。あと、操作感覚も違う。(タイヤの配置も若干違う)

あろうことかブルーファルコンは反重力最速ではない。とんだ名前詐欺である。

反重力が最速ではないと言ったものの、陸上でのスピードに関しては決して捨てられたものではない。ハナチャンバギーよりも速い性能を持っている。

但し、ミニターボ性能に関してはお世辞にもいいとは言い難い。(ハナチャンバギーよりも低い)しかしながら、そこまで対して変わらないと感じるのは僕だけだろうか。

オンラインでこいつを使うのはいなくはないけどパタテンテンよりかは少ないという印象。

 

・トルネード

ATVの一種。

タイヤの配置はもちろん長方形。

"元"最速フレームの「Gフォース」や「スーパースター」と同じ性能を持つ。

Gフォースやスーパースターの違いとして挙げられるのは車体の小ささ。あいつらは無駄にでかいので操作しにくいところがある。小さいほうが小回りが利きやすく感じるのはいつものこと。

決してバランスの悪い構成ではなく、スプラバギーとの違いとして最も大きく感じるのはその重さである。

1本を4等分して1等分が0.25だとした場合、0.75も伸びていることになる。

似たような見た目をしておきながらここまで極端に性能が違うのは珍しい。

他にもオフロード性能やミニターボ性能もこっちのほうが高いので、陸上でのスピードが負けてること以外に関しては「こっちのほうが強いんじゃないのか」って思えてくる。

尚、パワフルキノコ使用中の騒音っぷりは異常。使えばわかる。

スプラバギーよりも人気がない気がする。こいつのほうが強そうなんだけどなあ。

 

キャラクターは何がいいか

自由に選んでいいんじゃねえのかなって思ってたり。

速くて重いやつ程、マシンのサイズがデカくなる傾向にはあるのだが、メタルマリオとピンクゴールドピーチに至っては重量級であるにも関わらず、マシンのサイズは中量級と一緒になっている。(見た目はマリオとピーチだからだろうか。この点に関してはマリオカート7でもあった)

「重量級を使いたいけど、マシンのサイズは小さいほうがいい」という場合はあいつらのどちらかを使うことになる。ただ、軽量級並みのサイズになるわけではないので「軽量級サイズのマシンを使いたい」という場合は素直に軽量級のキャラクターを選ぶことになる。

 

オンラインで重量級が多いのはいつものことだが、その中でもワリオ骨クッパは特に多め。逆にクッパモートンは減った。金属系のキャラは部屋に1人はいるという印象。また、ゴリラやワルイージといった変なキャラもちらほらいる印象。キングテレサロゼッタは謎の人気があるのかいるっちゃいるという印象。

中量級~軽量級もそれなりにいる。しかし、その中で絶滅危惧種に瀕しているキャラがいるようには感じている。印象としては軽量級>中量級の順に多いように感じる。ミニターボ性能の差やサイズの問題が結構デカいんじゃないかなーって思ってたり。あと、しずえはかわいい。というか、中量級のサイズで重量級のスペックを持ったキャラがいることはある意味問題だったり。(アイテムボックスを割れなかったり、対戦相手をスターで轢けないことよりも、被弾することのほうが問題)

 

まとめ

ローラー+グライダー何か(できればミニターボが伸びるやつが望ましい?)+キャラ何か+ボディ何か って辺りが妥当じゃねえのかなって。

 

メタルマリオとピンクゴールドピーチは重量級であるにも関わらず、中量級のサイズとして走れるので結構優秀だったり。路上の落とし物を発見しやすいのもそうなのだが、無駄にデカいが故に当たり判定がバカみたいに広いといった事案も起きにくい。そこで横幅が狭いボディを選べば尚更である。

 

ボディに関してはミニターボ性能が極端にまでへぼくなければなんでもいいんじゃねって感じもしてる。あと、気にしたいのは車幅。何度も言ってるのだが、車体はコンパクトなほうがいいと思ってる。デカいと違和感マックスな上にすげえ被弾しやすく感じる。

そもそも、タイヤとグライダーが決まると残りはボディだけになっちゃうので、そのボディで悩むのは必然的と言える。これも同じことを言うことになるのだが、タイヤは大半がローラータイヤかスカイローラーになっている。ごくたまーにだが、リーフタイヤがいたりする。もしかすると一部で流行っているのかもしれない。

 

最後に

キングテレサかわいい。