【MK8DX】レースでのアイテムについて(Ver1.2.0)

バトル版は書く予定ないです。

 

スプラトゥーン2発売も近いのでこの記事を書くことに。

過去に何度か書こうと思ったのだが、途中で断念したことが多かった。

書けるうちに書いておきたい。

MK7でも同じような記事を書いた覚えがあるようなないような。

実際にこの記事を出してしまえば、他に出せそうなネタは殆ど尽きていたり。

 

余談ですが、僕はこのゲームを200時間ぐらいやりました。以下、超長文になります。暇な人は読んでね。

 

装備できるアイテムについて

装備できるアイテムの一覧

バナナ、トリプルバナナ、緑、トリプル緑、赤、トリプル赤、ボム、ミラクル8は装備しながら走行可能。装備中に自分にぶつかった相手を怯ませることができる。

 

装備すると回転するアイテムの一覧

トリプルバナナ、トリプル緑、トリプル赤、ミラクル8は回転している。故に後ろのみならず、横や前にも当たり判定がある。

 

装備すると後ろに装備されるアイテムの一覧

バナナ、緑、赤、ボムは後ろに装備されている。ボタンを離せばバナナは後ろに設置、緑と赤とボムは前に投げられる。→バナナ前投げ、緑赤ボムのバックスナイプをする場合はスティックの入力が必要になる。(トリプルバナナでスティック入力なしで前に飛ぶか後ろに置かれるかは忘れた。どちらにせよ1位でトリプルバナナは出ないので注意。)

 

後ろから飛ばされる赤の防ぎ方

バナナ、緑、赤の場合

バナナ、緑、赤は装備している限り、後ろからの赤を防げる。後ろから赤甲羅が投げられた場合、Lボタンを押し続けるだけで防げる。バナナはL連打してもデフォルトで後ろに設置されるため、ボックス割ってから赤が間に合う間に合わないかの瀬戸際でLボタン連打しても間に合う可能性が出る。(緑は出てから後ろに投げるっていう判断を脳がしないといけないから間に合わないorダメ元L連打からの前投げでミスる可能性が出てくる)

 

ボムの場合

ボムはちゃんとスピードを出してないと赤甲羅ごと自分が爆発するので注意。場合によってはドリフトしながら後ろに設置しないといけないことも。置くタイミングを間違えれば赤甲羅による被弾が待ってる。相手がボムに巻き込まれてくれればどっこいどっこい。3位に抜かれても知らん。

 

トリプル何とか系の場合

トリプルバナナ、トリプル緑、トリプル赤はちゃんと後ろに投げて(バナナは設置して)赤を防ぎたい。投げなくても運が良ければ防げる。

ドリフト中にアナログスティックを下に入れて、Lボタンを押すのは至難の業なので注意。実際にそれでラインが崩れて大惨事ってのもありえる。無理だと思ったら運に頼るのもあり。

余談だがこいつらは1つ目のスロットに来た瞬間、勝手に装備される。トゲゾーに燃やされやすい存在だが、ショートカットした直後でも勝手に装備されるので強い。

 

装備できないが投げ分けのできるアイテムについて

ファイアフラワー、ブーメランが該当。

こいつらでも赤甲羅は防げる。どちらにせよドリフト中にアナログスティックを下に入れて、Lボタンを押さないといけない場面が出てくる。押すタイミング間違えると見事に被弾するので注意。可能であれば直線で相手にしたいところである。

 

使うと一瞬でなくなるアイテムについて

トゲゾー、キノコ、トリプルキノコ、ゲッソー、サンダー、スター、クラクション、コインが該当。

これらのアイテムは使った瞬間にアイテム欄から消える。(トリプルキノコのみ、3回Lボタンを押さないといけない)

すぐなくなるが故にアイテムの入れ替えにはもってこいのアイテム。

クラクションのみ、鳴ってる最中は次のアイテムが使えないので注意。クラクション+何かしらのアイテムを切ってからダブル狙う際には気を付けたい。

 

使っても一瞬でなくならないアイテムについて

パワフルキノコ、キラー、パックンフラワーテレサが該当。

すべて時間経過で消えるアイテムだが、キラーのみ数人抜いただけで消える。

全てアイテム交換の際に邪魔になるアイテムなので、出てきたらすぐに使いたい。テレサやキラーはサンダー回避できるものの、サンダー回避は甘くないし、パワフルキノコやパックンフラワーの加速で打開しようなんて考えてはいけない。そんなアイテムを保持するぐらいならすぐに切って次のアイテム(特にサンダー)に期待すべきである。

 

1位独走中の走り方

今回、最も気合入れて書いたところです。暇な人は読んでください。飛ばしたい方はキーボードのHOMEボタンでも押して目次から読みたい項目に飛んでください。スマホの人は知りません。

 

対策すべきアイテムは赤とトゲゾーのみ。クソサンとゲッソーのことは忘れてください。クソサンはどうしようもないし、ゲッソーは気合で乗り切ることが前提となります。

途中、テレサが邪魔しに来ることを前提とした話になります。赤とトゲゾーの被害を抑えるためのテレサ対策です。

 

赤対策

後ろにバナナ、緑、赤さえ装備しておけばセーフ。

ボムは場合によっては設置する必要性が出てくる。

スター、クラクション、ブーメラン、ファイア、キラー、テレサはタイミングよくボタンを押せばセーフ。

 

手にコインを持ったまま走るという発想

先に言います、「テレサは最強のお邪魔アイテム」です。

 

当たり前ですが1位独走前提の話です。それをちゃんと念頭に置いた状態で今から表示されている文章を読んでください。

 

コインは何の攻撃も防げないが、実は全く役に立たないわけではない。

実はテレサのエサにできる。過去作をやった人にとっては「バナナなんていつでも出るだろ。なんでテレサの対策なんてしなきゃなんねーんだよw」と思うかもしれない。が、実際はそうでもない。というのも・・・

 

・アイテムを何も持ってない状態でアイテムボックスを割ると、コインが出てくる可能性が非常に高い。

 

・コイン以外のアイテムを持った状態でアイテムボックスを割っても、2つ目のスロットに高確率でコインが出てくる。

 

そう、これである。

これ故にレース開始時1位でコインが出るとか当たり前、コインを切ったらまたコインが出てきたとかザラ。ダブル割ってもどちらかコインとかもはや日常茶飯事。てか起きなかったらラッキーとかいうレベル。

コインを見たくなければ、コインを持った状態でアイテムボックスを割るしかない。幸い、コインを持った状態でコインが出ることはない。

 

 

ここまで読めばもう察した方もいるかもしれない。

◇コインを切る前

・一つ目のスロットにコイン

・二つ目のスロットにバナナ

「コインいらんしコイン切るかw」

 

◇コインを切った後

・一つ目のスロットにバナナ

・二つ目のスロットにコイン

「コインいらないから使うか」→コインを使う→後ろから赤が来る→「バナナ装備しよ」→

テレサ「ちーっすwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwバナナ取りに来ましたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」→あぼーん\(^o^)/

 

肝心な場面でテレサが出てきて赤に被弾。という究極のクソゲーが完成するのである。

テレサが来てからバナナを引ければ問題ないのだが、残念ながらそのようなことはめったに起きない。バナナが出る前に赤が来るというもかなりの問題点である。というか、テレサにパクられてもすぐに防具を拾えたらこんなことを問題視しない。

「じゃあ、どうすんだよ?」って話である。そこで対策として使えるのが「コインを手に持ったまま走る」というやり方である。

 

コインを手に持ったまま走ることによって・・・

・一つ目のスロットにコイン

・二つ目のスロットにバナナ

テレサ対策でコイン保持するか」→テレサ「集金でーすwwwww」→赤が来る→セーフ

ということになる。NHKの集金からは逃げても、テレサにはコインを渡すべきである。

え?赤来た直後にコイン切って装備した瞬間にテレサ来た?おう、それだけはどうしようもないから仕方ない。

が、その”どうしようもない”という場面以外は対策できているのでやってみよう。意外とこれが生きる場面は多い。

この戦法を使うことによって、コイン8枚以下でもコインを使わずに走ることにはなるのだが、そこに関しては妥協するしかない。ぶっちゃけコイン10枚あってもそんなに差は出ない。出るのは接戦の時ぐらいだ。

 

開発が何を考えてコインの続投と、テレサの採用を考えたのかはわからないのだが、これを想定していたかは不明。少なくとも、テレサというアイテムがなければ、1位で赤対策するためだけにわざとアイテムを使わないっていう戦法は生まれてないはずです。

 

テレサ対策を放棄してバナナや緑などを手に持つ

実は先ほどの「テレサ対策」には弱点がある。それはコインを持ってるが故に至近距離の赤に弱いこと。

コインを切る+装備するまでにタイムラグがある。そのタイムラグの間に赤をぶつけようとするプレイヤーはいる。

バナナや緑を手に持ったまま走る行為が決してメリットがないわけではない。場合によってはこちらのほうがいいこともあるのだ。

 

また、コインを持ったままアイテムを割った直後にアイテムが確定する前にコインを切るのは十分にあり。回転中に襲撃しかけられたのでアウトじゃ話にならない。そこを狙う相手はいてもおかしくない。(どちらにせよ投げるやつは速攻で投げてくるのだが)

注意点はアイテム割る前にコインを切らないこと。ミスって切ってコインを沸かしたら元も子もない。

 

超至近距離の赤の対策

「手に持ってるだけ」すら許されないこともある。

みんなはクラクションを持ってるプレイヤーにクラクションを使わせることもなく、赤でクラッシュさせたことはあるだろうか?

実はそれと同じ要領で赤をぶん投げてくるプレイヤーは普通にいる。

超至近距離だと赤の通知が来てからボタンを押したのでは間に合わないこともあるのだ。

実際に僕も1位でバナナを装備せずに走ってるプレイヤーを見かけると投げたくなる。それで投げてクラッシュさせてそのまま独走して勝ったことは何度もある。

テレサ対策放棄の欄にもあったのだが、スロット中にコイン切ってL連打でそのまま装備もあり。赤を投げられてからL押したのでは遅いという状況ではものすごく強い戦法である。

 

この走法にも弱点はある。それは、トゲゾー甲羅が来た時に無防備になる可能性が非常に高いこと。(装備したアイテムは二度と手に戻せません。故に、「トゲゾーが来たから手に戻して赤の対策を・・・」ってのはできない)

先ほど、「何かしらのアイテムを持った状態で、二つ目のアイテムボックスを割るとコインが出てくる」と話したはずだ。トゲゾー甲羅は装備しているアイテムごと相手を焼き尽くすアイテムなので、トゲゾー甲羅を食らえば持ってるアイテムがコインのみという裸の王様状態になりやすいのだ。(まあ、その時にコインじゃなくてバナナや緑がストックされてたらラッキーなのだが)

この状態から赤のデスコンを狙う相手もいる。僕もデスコンしました。相手はコイン持ってました^^;;

 

装備せずに、2つのスロットにバナナが1本ずつあればトゲゾー後の赤も2発も耐えられるだろう。

 

譲る

個人的には一番やりたくないのだが、最終手段。

自分が無防備だったらおとなしく道を譲って"あげる"のもアリ。

バックミラーを見て、後ろで赤甲羅を手に持ってるやつがいれば譲れる。相手が装備してるとわかりにくいので注意。見なかったことにするのもアリ。

 

譲ろうとしたところで、順位が変わる寸前のタイミングで赤ぶん投げるやつもいるので注意。僕は平気でそれやってます。

 

譲らなかった場合、グライダーでタイミングよく投げる野郎もいるので注意。特に空港では被害がでかいので気を付けたい。

 

譲ったが故に3位以下の攻撃を食らう危険性も高まるので、譲るか譲らないかは考えよう。ましてや、1位がバック赤を仕掛けてくる可能性もある。

 

その行動が吉と出るか凶と出るかは結果が出るまでわからない。このゲームに正解などないのだ。

 

キノコは切るべきか?

トゲゾーが来るのが怖くて切れないことも。

この辺に関しても正解はない。赤とほぼ同時にトゲゾーが飛来することもある。

 

トゲゾー対策

1位を襲う恐怖のアイテム、それがトゲゾー甲羅である。

どんなプレイヤーだろうが超高速で追いつき、対象を装備ごと全て焼き切る神。こいつのせいで負けたと嘆くプレイヤーが後を絶たない。

 

トゲゾーを食らわないには?

クラクション、キノコ系、スター、テレサ、キラーなら回避できる。

それらのアイテムがトゲゾー食らう直前にパクられることもあるので注意。赤対策としてそれらのアイテムを切った後にトゲゾーが出現することもある。2位にとってはラッキーな案件である(しかも、その赤を投げられるのは2位である)

 

クラクションは1位でも出るので安心。トゲゾー甲羅は下位から投げられることが多いため、赤甲羅みたいに常に対策アイテムを一つ目のスロットに入れてないと危険ということはない。(至近距離の2位が投げた場合は知らない。言ってもそんな経験をしたことはないのだが)

テレサ、キラーで回避するのは無理だと思ってもいいです。そんなアイテムを保持しながら1位に出るのは厳しい。

スターはごくまれだが保持しながら1位を狙える。相当の強運と実力がないと厳しい。

キノコも現実的な範囲だが、狙ってやるのは厳しいだろう。2位でもスリスト取れて1位取れたらラッキーのレベルだ。また、手にキノコを持ってるとテレサにパクられたり、赤で妨害される可能性も高い。できればトゲゾーが来るまで2つ目のスロットに収めておきたいところである。キノコで赤対策するか、トゲゾー対策するかはその時による。正解はない。

 

キノコでのトゲゾー回避だが少し難しい。トゲゾー甲羅が落下してきてからLボタンを押せば回避できる。(但し、反射神経があまりにも悪すぎるとミスる)速すぎてもダメなので注意。キノコ切ったのに回避ミスったらそれは入力が速すぎるということだ。ぶっちゃけクラクションで回避するのが一番やりやすい。

 

キノコでのトゲゾー回避の練習はこの記事参照。

velociraptorre01.hatenablog.com

 

ドリフトでハンドル操作をしながら、後ろのアイテムを避けながら、前の障害物を避けながらだと難易度が上がるので注意。人間、2つ以上のことができるように脳みそができているのだが、個人差がある。無理だと思ったらドリフトはニュートラル(スティックを入力しないこと)にしながら回避に専念するのもありだろう。僕はニュートラルじゃないとほぼ回避できません^^;;

 

トゲゾー甲羅を避ける際にも妨害は入るのだ。テレサのみならず、赤やサンダーで回避に失敗することも。(タイミング次第ではトゲゾーを食らわずに済む。無敵判定が露骨に長いのでこの現象は起きやすい)

 

トゲゾー甲羅は装備を焼き尽くす

赤対策の欄にも書いたのだが、トゲゾー甲羅でバナナなどが焼かれると赤への耐性が下がるので注意。

ボムが焼かれると思ったら、設置して2位ごと焼けば問題ない。一緒に被弾すればどっこいどっこいである。

 

トゲゾーを譲るという発想

赤甲羅同様に譲ることが可能。

投げられたのを確認してから、止まるorバックすればいいだけの話である。

成功すれば譲られて1位になったやつが焼き尽くされ、自分が代わりに1位として独走できる。

失敗すれば自分が焼かれる。

自分が焼かれなくても、3位以下の妨害に遭って下位に転落もありえるので注意。赤譲り同様、厳しい世界ではある。

失敗して焼かれた挙句、3位以下の妨害に遭う可能性もある。赤譲りの項目にも書いたのだが、このゲームに正解など存在しない。

そもそも、トゲゾー食らっても大丈夫なように差をつけておけばセーフである。そういう意味では走力はあるほうが強い。

 

1位でクラクションは引けるのか?

もちろん引ける。が、引けたらラッキーだと思ったほうがいい。(そもそもクラクションが出にくい)

というのも、アイテムを交換している間に、赤甲羅が飛んでくる危険性が高いからである。スロット回転中に赤が来てそのまま被弾もありえる話ではある。この戦法はルーレットが止まりにくい部屋ほど難易度が増す。

一瞬だけとは言えども2位に隙を晒すことにはなるし、操作ミスでコインを切ってしまい、無防備のままもう一度コインを引いてしまうこともある。

隙を晒す=至近距離の赤を許すことになる。バナナ設置を見てから赤を投げるやつもいる。

ダブル割ろうとした瞬間に赤が近づく→バナナ設置にミスって被害もありえる。

赤が接近しているが故に、バナナ装備したまま泣く泣くダブルをスルーせざるを得ない場面もある。常にダブルを簡単に割れるとは限らない。

1位でアイテム交換をする際に必要となる技術は色々と多い。当たり前だが、走りながらLボタンを押す(場合によっては連打する)ことにもなるので、そこでのミスも起こる。実際にダブル割る寸前にコイン使ったら見事に壁ゴンとかもありえる。ましてや、ダブル割る前提でコイン切ったらシングル割ってたり、シングル狙いで割ってからコイン切ったつもりが割る前に切ってたとかもありえる。(この技術は赤から身を守るために無理やりさせられることもある。スロットの最中に赤が来た場合、赤を防ぎづらくなるので2個目のスロットが確定する前にコインを切るのもあり。)

もちろん、自分が設置したバナナに引っかかる可能性もある。クラクション引くために緑を前に投げて自滅した日には目も当てられない。勝つためにはおとなしくするのも一つの手なのだ。

 

クラクションを出そうとすると、緑2やバナナ2すらも捨てることになるので注意。引くことが許されないわけではないので、不安を感じたら引くのもありだ。

 

たまーにだが、トゲゾー接近してからダメ元でL連打したらクラクションが出る。そのまま破壊できることも。

2つ目のスロットに出る可能性もあるので一か八かになる。見ずに連打して色々ぶん投げて無防備のまま死すのもよし、クラクションが出たのに判断が遅れて燃やされるのもよし。何が起きるかはわからない。

どちらにせよ、赤甲羅の乱射が横行している現環境において無理にトゲゾー対策をするのは自殺行為に等しいこともある。スロット中の襲撃、自分で設置したバナナの処理、投げる緑甲羅の処理、ボムの処理、ダブルを狙うかどうか、コインの操作ミス等においては全て自己責任で行うこと。

 

 

赤とトゲゾーの対策まとめ

テレサの妨害を前提とした場合

 

 

◇コインを手に持って走る

メリット:テレサ対策

デメリット:至近距離の赤を防ぎにくい

 

 

◇バナナや緑を手にもって走る

 

◆メリット

・赤を防ぎやすい

・防具持ってますよアピールはできる(意味はない)

 

◆デメリット

テレサにパクられると赤の対策が困難(ストックにコイン以外が"あれば"別)

・超至近距離の赤には耐えられない(超人的な判断と入力速度により、入力が間に合えば話は別)

 

 

◇バナナや緑を装備して走る

 

◆メリット

・開幕赤対策(理論上、上の二つよりかは赤に強い。1位で速攻で装備できれば、2位で速攻で投げられてもセーフ。コインかバナナか緑か判断してる間に投げられたら知らん)

・超至近距離の赤に強い(開幕赤対策と同じ)

・敵が激突した時に怯ませられる(赤持ちが怯んでも、その赤持ちが3位以下に落ちれば問題ない)

・そもそも2位へのけん制として使える。

 

◆デメリット

テレサにパクられる

トゲゾーで燃やされる(装備したアイテムは手に戻せません)

・手が疲れる

・手が滑って設置してしまう→その後に赤が来る

・Lボタンに負担がかかる

 

◇クラクション引くためにひたすらアイテムを入れ替えまくる

メリット:クラクションが出せるかも?

デメリット:赤対策が厳しくなる

 

各アイテムの解説

このゲームを大体200時間ぐらいやってきて、各アイテムについて思ったことを記載。

既に記事がクソ長いのだが、まだ続きます。

 

バナナ

踏むとスピンする。

ボックス前、コイン前、グライダー前など危険な設置が非常に多い。

死角の設置は減った。(積極的に置ける環境ではないので)

赤を防げる重要なアイテムなので、1位で引いたら保持したい。

2位をひっかけたところであんまり意味はない。トゲゾー1回分の貯金はできるかもしれないが、自分が踏む可能性だってあるし、3位以下が踏む可能性もある。

にも拘わらず、アホみたいにバナナが設置されていることはよくあるので注意。

 

前に投げれば前方の相手を倒せることも。相手によっては当たらなくても減速してくれる。壁ゴン、コースアウトでも決めてくれればそれだけでも抜かせる可能性が出る。

投げたバナナを踏まないように気を付けたい。

 

トリプルバナナ

バナナ3本セット。体当たりできるので強い。しかも自動展開のオマケつき。

ちゃんと設置しないと赤を防げないので注意。最初の一発ぐらいは何もしなくても防げる・・・?

速攻で自動展開されるが故に、これ持って1位走るとトゲゾーで全部燃やされる。トゲゾー来る寸前で2スロット目に入ってるこいつの仕様を忘れて1スロット目のアイテムを捨ててしまうと・・・?装備してるアイテムを捨てることによって発生するタイプのやらかしやすいミスなので注意。とは言ったものの、そのアイテムで相手が怯んでくれると投げないよりかはマシということも。

 

緑甲羅

アホみたいに名前出した気がする。

守りに関してはバナナと同じ使い方ができる。装備してるだけで赤甲羅から身を守ってくれる。

スティックを入力して投げれば、後ろに向かって高速でまっすぐ飛んでいく。こいつのウイニングが後を絶たない。

前に投げることも可能だが、自滅しないように注意。実際に前に投げて自滅する奴はアホみたいにいる。無理に投げずに、装備したまま後ろを走ったほうがいいことも。意外と1位を倒せるアイテムはすんなり引けるんですよ?

 

トリプル緑甲羅

緑甲羅3点セット。こいつも自動展開の呪いがかかってる。

トリプルバナナ同様、ショートカットした直後でも勝手に展開されるので強いっちゃ強い。

全部前に投げると自滅の確率がアホみたいに上がる。後ろ投げする際は事故らないように注意。

 

赤甲羅

最強アイテム。

無防備のプレイヤーを容赦なく怯ませる効果がある。

2位でいきなり引いたら速攻で1位に投げてやろう。バナナが手に持たれていようがおかまいなしだ。至近距離であれば装備が間に合わないので普通に通る^^

 

2位でダブル割ったらこいつが2個出ましたってのもありえる。2個も防げることはめったにない。のんきに1個ずつ投げてもどちらか片方が通るのはほぼ当然。あまりにもゆっくりしすぎるとアイテム補充されるので注意。

ほぼ同時に投げれば、装備で1発目を1つ目の防具で防いでから、次の防具を装備される前に怯ませられる。よって、バナナ2本や緑2個体制も許さない。

但し、これを狙おうとするとどっかで互いにぶつかって消える可能性が出てくるので注意。短期間で連続で投げることは強い反面、勝手に消えるデメリットも持つ。ボムやクラクションだと容赦なく2個まとめて消されるのも問題。難易度は増すかもしれないが、ブーメランやファイアでも消せる。

あと、上手いやつは1個目をバナナ設置やバック緑で消して、2発目を装備して防いでくる。これによって、2つ目の赤が来るまでに装備する時間を稼げるのだ。ホンマに上手いやつは1発防いでから2発目守るまでの間に発生するタイムラグすらちゃんと考慮して動いてくる。まあ、対戦相手は人間なのである意味当然っちゃ当然である。機械にない動きをしてくるのが人間なのだ。

 

赤を使えば簡単に1位を狙えるのだが、トゲゾー甲羅が来ることを前提としてわざと投げないのもあり。その場合、1位で赤甲羅を持ったまま走れることも。

 

トリプル赤甲羅

最強アイテム3点セット。

2位でも引けるので独走中に降りかかる驚異の一つ。

こいつに対抗するのはほぼ不可能。

 

トゲゾー甲羅

最強アイテム(引かれた側にとっては)

地上を走る関係上、2位以下を容赦なく轢くので注意。無理だと思ったらクラクションで壊すのもあり。周りから見ればKYだが仕方ない。1位にとってはラッキーである。

 

ボム兵

1位でも出てくるアイテム。

赤を消すのに少し苦労する。

が、爆風の強さは本物なのでそれに見合った強さはあるっちゃある。

トゲゾー食らう寸前の置き土産、それなりにいる2位をなんとなく倒す、危なそうなアイテムを持っているやつの対策など意外と多様。

敵が設置した際の回避は非常に難しい。近くを通ろうとするプレイヤーに反応して爆発する性質を持つので非常に厄介である。

ウイニングする際に、看板にブチ当てれば思いっきり後ろに飛ばせる。

 

キノコ

トゲゾー甲羅対策として使える。

1位でショートカットするか、トゲゾー対策で取っておくかはその時に考えたい。ただ、赤甲羅の妨害もあるのでそのどちらかとして取っておくのは厳しいことも。

今作ではMK8よりもキノコが出にくいので、このアイテムの価値は増した。よって、ゴール前でショートカットしたのに前の人もショートカットしたのでその人に勝てなかったという事案は起きにくくなった。

 

トリプルキノコ

キノコ3点セット。

全て使い切るには3回Lボタンを押さないといけないので注意。

それなりに強いアイテムではあるのだが、場合によってはいらないアイテム。

1位でこれを持ったまま走れたらそれなりに強いであろう。

ショートカット用、赤甲羅対策用、トゲゾー甲羅対策用としてそれぞれ1個ずつ使えたりする。

 

パワフルダッシュキノコ

キノコ系統の中でこいつだけちゃんと正式名称で書いたのには意味はない。

使ってもすぐになくならないアイテム。今作はこいつで打開できる場所は多いとは言えないので、出たらすぐに切っていい。むしろ、ダブルアイテムボックスがある関係上、邪魔と化す存在に。

 

キラー

下位の救世主。

数人抜いたら勝手に切れる仕様故に、たまにとんでもないところで止まるので注意。怖かったらB押しっぱなしでもいい。時間経過でも切れるので使いどころが難しいアイテムではあるのだが、保持する意味はないので引いたら思考停止でLボタン押してもいい。Wiiや7やってた人から見たらありえない話ではあるのだが、普通にキラーが2本走ってることもある。余裕のある人はマップを見てみよう。

サンダー回避できたらかなりラッキー。今作は思ったよりも起きやすい。意地でもサンダー撃ちたくないプレイヤーが減ったのだろうか。

まあ、僕にとってはうれしい環境なんですけどね。そういうの好きじゃなかったし、僕だってサンダー回避されるからサンダー撃ちたくないっていうのは嫌でした。誰かが回避するサンダーはクソサンって言われるのは好まなかったので^^;;

 

微妙にハンドル操作できるけどしなくていいです。勝手に当てに行ってくれるわけではないのだが、集団の後ろで使えば何人かは轢ける。そもそも、動ける範囲が微量なので狙った相手を轢くのは楽ではないだろう。

 

ゲッソー

DS時代から続く負の遺産テレサよりかはある意味マシ。この負の遺産はこれからも生き続けるだろう。

食らうと地味に邪魔。トゲゾー回避、前方のバナナ、障害物、運転そのものに支障をきたす。

MK8でドリフト時の挙動にすら支障をきたすようになった。が、無駄に外側に膨らむ仕様を逆に利用することによって、アホみたいにイン側にスティックを傾けても大丈夫なカーブがあったり。

 

サンダー

最強アイテム。即サン安定。数名回避したところで他のプレイヤーは全員死体として転がってるので問題ない。最低でも次のアイテムボックスを割るまでには撃ちたい。

というのも、サンダーは被りやすい。MK7やMK8と違って画面をガン見しても誰がサンダーを引いたかはわからない(幸い、手に持ってるアイテムで判断できる可能性はあるが、ドベ以外でも普通に引けるので現実的ではないだろう)

キラーを速攻で使う理由の一つにこいつの対策がある。

サンダーは被る前に撃たないと意味がない。MK7の頃は被ったら即サン安定とか言われてた気がするのだが、そうも言ってられない環境である。

このゲームにおいて周りへの迷惑とか一切考えてはいけない。巻き込まれるやつが悪いのである。勝てばいい。

 

スター

引いた頃には下位なのですぐに使っても問題ない。やられる前にやれ。3位か2位なら悩んでもいいのだが、赤を積極的に投げたい人から見れば無用の賜物。

サンダーは回避できたらラッキーのレベルなので最初からそんな奴のことは考えなくていい。そもそも、どのタイミングでサンダーが来るかどうかすらわからないのである。即サン対策しようにも何位が引くかわからないので難易度はMK7より増してるのは当然。アイテムボックスがどの位置にあるか覚えないといけないので尚更である。

 

このアイテムの使い方として、相手を轢くというものがある。

体当たりが決まった時点で相手はひっくり返るので積極的に轢いていこう。特に緑3、赤3、バナナ3、パックン、クラクション、ボム辺りは轢けば面白いことが起こるかもしれない。無敵の間はやりたい放題なので自由に暴れまくろう。

轢きに行ったつもりが自分がコースアウトしてしまわないように注意。スター使ってコースアウトとかアホの極みである。

必ずしも轢きにいかなければならないということはないので、場合によっては何食わぬ顔で最速ルート走るのもあり。スピードが上がってる故に操作の難易度は増してるので注意。

 

ファイアフラワー

10発撃てる。自滅しないように注意。

赤3に対抗できる手段の一つ。赤3がアホみたいに感覚開けて飛んで来たら無理。(が、実際にそんな投げ方をしてくる奴は意外と少ない?)

10発撃つか、時間経過で勝手に消える。

1位で使いにくいアイテムかも。2位で引いて何かの流れでそのまま1位に出てしまうこともあるので処理に困る。

 

ブーメラン

3回投げれる。投げた際に2つ目の何かしらのアイテムがあると、こいつが2つ目のスロットに入る。

3発目のみ射程がアホみたいに長い。意外とこれが利用できる。

もちろんこいつも赤対策に使える。が、後ろに投げないといけないのが玉に瑕か。

射程の長さを利用して、敵を怯ませた一瞬のスキに抜くことも可能。クラクション持ち相手に博打ブーメランも可能である。(ミスったら見事に自分が衝撃波で吹っ飛ばされる)前方の邪魔な緑や赤もプレイヤーごとまとめて倒せる。が、ボム相手に当ててしまうと自分が爆殺されることもあるので注意。

 

パックンフラワー

加速アイテム。(但しオフロードは無視できない)公式様の手によって出にくくなってしまった。

こいつもいろんなアイテムを食い散らかしながら強引に前に出れる要素があるのだが、中々出ない。

出たら速攻で切っていい。赤は防げない上に、ダブル割る際の邪魔にもなる。そもそもこいつに大逆転の要素などあまりない。集団をまとめて食い散らかせる程度の存在である。

また、これを使ったからと言って赤装備してるやつを赤ごと100%倒せるとは限らないので注意。意外と赤が消せてないこともある。

前の相手がこれを使ってる際に赤を投げるのは危険。こいつは勝手に攻撃しかけてくるので抜きづらい。(Ver1.2.0より前ではこの現象が起きやすかった)

と色々書いたものの、ホントにこいつは出にくくなってしまった。というかこいつに酷評を下すプレイヤーは多い。やはり赤が防げないことが問題なのであろう。まあ、僕はこいつメッチャ好きだったんですけどね。周りのプレイヤー片っ端から潰せたんで。

 

スーパークラクション

ある意味1位で出てはいけないアイテム。だが、出た以上はありがたく使わせてもらおう。トゲゾー甲羅の対策にはうってつけである。トゲゾーが飛来した直後にこいつを引いて助かった人もいるのでは。

 

1位じゃなくても使える。邪魔なプレイヤーをこいつ1つで装備ごと吹っ飛ばせる。赤3、緑3、バナナ3持ってる邪魔な奴がいたらこいつで容赦なく吹っ飛ばしていい。スター、ブーメラン、クラクション、パックン、ファイアは使われる前に潰しておきたい。(潰した後の処理は自己責任で)

もちろん、赤、緑、バナナ単体相手にも使える。ボム相手に使うと自分が爆発する可能性があるので注意。

 

クラクションが鳴ってる間は次のアイテムが使えないので注意。ダブル割ってアイテムを回したい際には邪魔な存在に。1位以外ではそんなに使える場面はないので、2位以下なら引いて周辺に敵がいたら速攻で切っても問題ないだろう。赤?知らん。

 

ミラクル8

オワコンガラクタセット。引いたらすぐに捨てよう。

特にスターとボムは誰かに触れられる前に使わなければならない。

っていうのは8までの話であり、MK8DXではこいつそのものが出にくくなった。よって、そんなことを言わないといけないような環境にはなりにくいように感じる今日この頃。

名前の割には大して強くないのでぶっちゃけなくても困らないアイテム。

ドベだと引きやすい。ハッキリ言ってキラーやサンダーのほうが強い。

 

コイン

産廃

2位以下なら思考停止で切ってもいいが、スリスト取れれば1位でコイン持ち独走という図面が出来上がる。そこからテレサ対策をしながらバナナを引くことも。可能であればチャレンジしてみよう。

 

ハネ

そんなアイテムはない。

 

テレサ

DS時代の負の遺産

サンダー回避できるけど即切りでいいです。この辺はキラーと同じ。

DS時代とは異なってオフロードを突っ切れないので注意。特にDSやってた人ほどこのミスをやらかしやすい可能性はある。

1位を走ってるとこいつが割り込んでくる以上、こちらがこいつを使ってもしょーもないアイテムをパクってくることが多い。バナナ、コイン、緑ばっかりなのでホントにいらない。せめて下位からサンダーやキラーをパクってくれればよかったものの、そんな高性能な存在ではない。ましてやこいつが中位で出てくるのも問題である。保持するメリットがまるでない上に、こいつが消えるまでの時間までダブルを割る恩恵が得られないのでマジで邪魔。

あえてメリットを挙げるとすれば赤を回避できたり、戦場で意外と生き延びられること。意外な場面で役立つことはある。スターの下位互換じゃね?

 

最後に

13000文字達成。ここまで読めた人がどれぐらいいるかはわからない。お疲れさまでした。スプラトゥーン2で会いましょう。(それまでにもう一つだけ記事を書く可能性はある)