【MK8DX】コース投票の考え方

velociraptorre01.hatenablog.com

こいつの続き。

 

 自分のブログ内でネットサーフィンしてたらまた書こうと思った。

 

走れるコースは増やすべきである

選択肢として現れるコースは毎回ランダムである。MK7のようにいつでも好きなコースを投げられるわけではない。故に走れるコースが多ければ多いほど、選べるコースが増えるのでそれだけでアドバンテージが取れる。

走れるコースが来たらラッキーっすよね?そのラッキーの確率が上がるんすよ。自分以外の誰かがそのコースを投げてくれる可能性もあるんで、そこでまたアドバンテージが得られるってわけ。全コース走れたらどこ投げられてもアドなので最強。

 

苦手意識のあるコースでも、WRの走りをパクるだけである程度は何とかなる。

特にSMTやUMTが出るとか出ないとかはそれなりに重要だったりする。

後は意味のわからない壁ゴンやコースアウトをしないようにしたい。

 

得意だと思ったコースは積極的に投げていこう

1位でスタートして1位でゴールできたコースは得意コースだと名乗っていい。

そのうち自信がつく。

 

自信のついたコースが増えることのメリット

精神的に楽である。

そのコースが選択肢に来たら投票するのは当然として、自分がそのコースが得意なことを知らずに投票する人がいる。

3コース中1コースしか得意じゃなかったら1人~3人で済んでしまうかもしれないが、全コース得意なら10人ぐらいが得意コースを投げてくれる可能性が出てくる。

おまかせを投げることは投票を拒否することだと考えてもいいかもしれない。48コース全て同じように走れるのであれば話は別である。

 

どのような組み合わせでも対応できるプレイヤーになれば野良は困らないだろう。ホームコースは増やすべきである。

 

苦手コースに怯まない

逆に苦手コースを投げてくるやつもいる。自分にとっては苦手でも他人にとっては得意なコースである可能性もある。アホみたいに投票される危険性もある。僕も得意コースはアホみたいに投票してます。ノータイム投票とかザラ。

直線コースであるベビィパークエキサイトバイクは投げられる可能性が高い。直線まみれであるが故に走力差が出にくいので赤やトゲゾーが1回来ただけで逆転するのが難しくなる。

それ以外のコースでも要所要所で走れない箇所があると勝つのが難しくなる。特に序盤で走れないコース程危険。下位からの打開が苦手であれば尚更である。

 

これらのコースに関してもとりあえずWRは見ておきたい。WRはたまに意味のわからない動きをしてくるのだが、パクれる分だけでもパクっておこう。

 

最後に

コースによってはグライダー中の赤やサンダーだけで大惨事になる可能性が出てくる。が、それらのコースもTAに関してはやらないよりマシである。実際、かなり嫌いなコースでもやるとある程度はまともに走れた(それでもクソコであることには変わらない)

どこが苦手だとか得意だとかは最初から決まってるようなものなので、はっきり言ってあんまり気にしなくていい。本当に勝てるコースはTAなんて一切しなくても勝てる。頑張ったコースだからこそ勝てるのではなく、勝てないからこそ頑張らないとダメなのだ。ポケモンで例えると、ホンマに攻撃クソ高いやつは努力値振らなくても火力出せるし、無振りでもクソ硬いやつも存在する。つまりそういうことである。

苦手が多すぎると危ないのでそこはカバーしたい。それ以上に得意コースを作れるようにしておけばある程度は走れるだろう。

 

走力があればあるほど赤甲羅やトゲゾー甲羅への耐性は増す。2位に抜かれる=デッドラインだと考えた場合、速く走ることによってそのデッドラインに触れにくくなる。

当たり前だが路上のバナナに引っかかったり、そこいらの障害物に当たってはいけない。それは自らデッドラインを引き寄せる行為である。

ミラーで走れないコースでもCOMとのVSで練習できるので、気になるコースは練習してみよう。この先、あなたが何レースするかはわからないが、そのうちの何回かは特定のコースのミラーや200が当たるはずだ。

 

何が言いたいかというととりあえずゲームはやらんと上手くならないんすよ。それだけ。