漫画村vs国? 面白そうな戦いの予感 アニチューブもついでに巻き添えか?

最初に?

ツイッター漫画村の話題が盛り上がってるのでこの記事を書くことにした。

カテゴリーにツイッターが入ってるのはこのため。

タイトルは意図的にいじくって遊んでる。アニチューブをタイトルに入れたのは何となくのレベル。漫画村漫画村うるせーんだけどアニチューブもついでかのように入れられてた時はマジで吹いた。(記事の下部に貼り付けてるURL参照)

超面白いことにツイッターにおいて「漫画村はつぶれてもいいけど、アニチューブつぶれるのはしんどい」みたいなことを言ってるやつがいる。これは自分のことしか考えてないやつ。漫画村とアニチューブがどう違うかはあんまり認識できてないのだが、自分が使うコンテンツだけは生き残っててくれという考え方なのだろう。違法合法関係なく。

ここだけの話、うちの知り合いにも漫画村使ってるやつはいる。残念なことにその中には新卒も入ってる。また、「漫画村がつぶれると話題についていけない」と言うものがいる。海賊版サイトを使わないとついていけないってどうなってるのだろうか。(立場が立場なのでアホみたいにお金を使えるわけではないということは把握しているつもりだが・・・)

→「娯楽は金のある者だけが楽しめればいい」っていう考えの人間もいる。何を理由にそのような発言をしているのかは知らないが、手持ちの中でやりくりするのが人間の本来あるべき姿では?と僕は思っている。世界では貧困に嘆いている子供もいるのに何をやっているのだろうか。

 

僕の見解?

漫画村が終わろうが終わらまいが、アニチューブが終わろうが終わらまいが僕にとってはどうだっていいのだが、「乗るしかないこのビッグウェーブに」って感覚で書いてる。

漫画村がなんのためにあんなことをやってるのかは知らないが、裏で何か(ヤクザとか?)つながってたら面白そうだなーって程度の認識でしかない。超純粋に考えると「漫画村何してんの」とはなる。

 

今回の件が対岸の火事かと言われるとそうでもない。別にどこが燃えようが少なくとも僕への被害はない。「自分に関係がなければなんでもいいのか」って言われたら「はいそうですね」としか言えないんだけどまあこの話は置いとく。

厳密にいうと対岸の火事じゃねえんだけど(なんていうか知らん)こういう違法?なサイトがバンバンぶっ壊されていくのはアカン流れじゃないなとは思う。

対岸の火事というか「ほかの箇所にも飛び火しねえかな」って思いはある。

要するに対岸の火事どころか向こう岸の芝生も燃え盛ることを願っている。これを機にほかの海外版サイトも燃えねえかなという思い。同じ著作権違法仲間ですよね?

まあ、Youtubeとかいう超巨大組織グーグルが抱えてるサイトにもアカンのありますけどね!? こいつは流石にサイトへのアクセスを遮断したりできない(サイト遮断の話は下記のURL参照。Youtubeというサイトそのものは違法ではない)ので厳しいか。

 

僕はエロゲをやってるがエロゲ関連でも恐ろしいことに”割れ”とかいうわけのわからん手段で遊んでる輩もいる。割れなんてエロゲじゃなくても起きてるのだが、この流れでそういうサイトもぶっ壊れたりしねえかなとは少しでも思ってる。

なんで割れとかその辺がアカンのか認識できてないやつはいると思う。割ったらアカンことは知ってるけど法律でアカンって言われてるから割ってないってやつもいるだろう。

流れちゃうけど無料でプレイするやつが許せないという話ではない。

が、ああいうサイトが片っ端から死滅したら流れ的におもしろそうだと思っている。

要は「燃えるさまを見たい」ということである。

正直、エロゲ業界やゲーム業界が廃れると僕的にはしんどいので、「ついでとして、ああいう海賊版サイトも死なねえかな」ってのが本音。

というか、この本音がなかったらこの記事書いてないかも。「対岸の火事」(意味は違が)じゃない(苦痛の反対語?むしろ燃え広がることを願っている)って思ったのはここ。

 

ホンマやったらタダで見れないものをタダで見れることにどう思うのか?

現にツイッターの中でも

漫画村とかああいうのがあるから利益につながる」と言ってるやつもいれば

漫画村とかああいうのがあるからアカン」って言ってるやつもいる。

なんか面白いことに意見が割れてる。両者共々言い分はわかる。

「色々な作品に金を払うほどの価値はない」、「タダで見れて当たり前」、「そんなので稼ぐとか意味がわからん」、「別に生活必需品じゃねえんだし無料でええやろ」とか思ってたりするのだろうか。あと、割とあり得るのは「タダより安いものはない」ということでとりあえずタダで見ようとしてるやつ。タダでもらえるものはタダでもらうってのは人間ならではの考え方と言えるだろう。

海外では”チップ”という概念がある。僕視点で言って尚且つ滅茶苦茶な言い方をすると「サービスでも何でも店側にとっては払わなくていいのに本人の意思で払ってる」ということがある。厳密に言うと暗黙の了解的な何かで払う流れにはなってる。野球でいう牽制球程度の認識(「ちゃんと見てますよ^^」的なアレ?)かもしれないが、払わなかったら嫌な顔をされるってのはあるらしい。

日本ではどうも廃れているようだ。この辺の認識によって日本人が(というか海外の人間が一切アクセスしてないなんて言いきれないのだが)あのようなものを利用し続けている理由があるのかもしれない。

習慣の話にあーだこーだ言っても仕方ないのだが、「払わなくていいんだから払わなくていいだろ」という認識そのものの違いになんかあるのかも?とは思ってる。

漫画村がアカンって知ってからちゃんと漫画を買うようになった奴はどれぐらいいるのだろうか?

何でもそうだが優れたものを見るのにタダで見れないものをタダで見ることに罪悪感を抱いてから改心したものはどれぐらいいるのか?

自分がやっていることは作品への侮辱に値するのでは?

色々考えてみてほしい。

違 法 合 法 関 係 な く 本 来 あ る べ き 姿 が 何 か と い う こ と に

(「漫画でも何でもそうだが本来タダで見れるようにすべきだ」っていう意見も受け付けてる。今の世の中のルールや流れに反逆してサイトを利用している者もいなくはねえんだろうなとは思ってるので)

 

どっちゃにせよお金の話やんけ。

根本はここかもね^^

ところで、あなたの月収いくらですか。

お金を使うことへの不安、お金が足りない、その他諸々の事情。ありそうですね。

 

政府と海賊版が楽しそうな争いを始めるようです しかし、簡単に何でもかんでも簡単に通るわけではない

www.huffingtonpost.jp

 

さて拾い物の記事だが、漫画村とかあの辺がぶっ壊れそうな流れかと思いきやなんか耐えそうっていう。

URLのタイトルだけ見れば「あいつら死んだな」と思うだろう。ところがどっこい、なんか強そうな組織の中で「アクセス遮断はアカン!」と言ってるやつがいるのである。

アカンやつ相手に手段選んでる場合なん?とは思う。アカンやつやったらもうぶっ殺してよくね?みたいな感覚ではある。「こいつアカンやつや!遮断したろ!」→「お前がやろうとしてることもアカンやつやで」という流れ。うーんこの。

殺人じゃねえんだから別にそれぐらいいだろって思ってるのはマジ。なんかあるんやろなこれ。遮断を阻止してるやつが漫画村とかそういうの使ってるっていうオチは非常に面白くないのでナシの方向で。ましてや、漫画村から利益をおこぼれでももらってたとか論外である。(流石にこの考え方は湾曲してると思ってるが、一瞬でもそう思ってしまったのはマジ)

漫画村的にはスナイパーライフルで狙われてるけど、殺人は違法だから今のところ助かってるって感じですかね?僕はそんな認識です。

仮にあのサイトをハッキングか何かで破壊しても破壊した側がアウトかと?ようわからんけど。

 

まあ、アクセス遮断がアカンと言われてるのはやり方の問題だろう。JILISやJAIPAがどんな連中かは知らんが、どんなサイトでもそれはやめてくれって思ってるのかもしれない。

いくら死刑囚でもそこいらの住人が勝手に殺したらアカンのやろか?ようわからん。

 

僕が何となくぽーんとぶん投げたURLだが、関連記事もなかなか面白い。

 

その他面白そうな記事(投げた)

www.huffingtonpost.jp

 

www.huffingtonpost.jp

実は俺ら消費者側が最強の海賊版サイトキラーという話。

 

vs政府に関しても記事はあったんだけど僕はバカなので理解できず。何はともあれ簡単につぶせる模様ではないとのこと。(正直、流し読みした程度で何言ってんのかマジでわかってない。なのでアクセス遮断をNGとしてる話に関してはマジで「?」しか出せてない)

結局のところ、ああいうのは日常茶飯事と化してる交通事故や殺人事件のように黙って受け入れるしかないのだろうか。

 

やはり、問われるのは俺ら人間のモラルのようだ。