【人狼ジャッジメント】変化しつつある環境

同じ部屋でも環境は変わりつつある。

一例を記載する。

 

 

狩人の回避について

僕がやり始めたころは貫通ばかりでした。

正直、真狩人にとっては嫌な環境だったでしょうね。

最近では変わってきたみたいです。

前まで貫通:回避=99:1みたいな環境だったのが、貫通:回避=1:10ぐらいになりました。

 

グレー4~5で回避が推される。グレー6は知らん。12人3W猫部屋は流石に貫通になった。グレー7で回避してもいいと思うんですけどね。

どうせ占いチャレンジするやつはするし、真占い師がずっと生きててもロクに狼を見つけられずに市民陣営負けとか、真占い師倒したのに狼が勝手に自爆して狼陣営負けとかあるので、真占い師そのものの価値が暴落しつつある。

あろうことか、自ら信用度をガタ落ちするようなアホなマネをする真占い師までいる。当然だが、そんな真占い師は狂人や狼のオモチャにされて村のみんなにも叩かれ、狂人が出したデタラメな白を吊れずに、デタラメな黒を吊ることになる。

自ら信用を落とす真占い師がいるとどれほど負けにつながるかは占い師以外の役職をやればわかるはずだ。市民やってて「は?こいつが真占い師?ありえねえわw」と思った方もいるだろう。人狼だと占い師の真贋がわかりやすいので少し理解しづらい。

狂人やってて真占い師が狼を2匹見つけても勝てるときは勝てる。1匹ぐらい吊られたっていい。ふざけた黒出しで本当のLWを守ってやれ。真LWも便乗して偽のLWや真占い師をボコボコにしてくれるはずだ。

 

特に意味はないがグレー4で回避、グレー5で貫通を推す者もいる。

4なら回避で5なら貫通の基準は謎。

 

回避が流行ると今度は対抗が出てくる。

狼「狩人CO」→狩人「狩人CO」

自らが噛まれるのを承知の上で堂々と狩人COしてくる者は普通にいる。

大体、先にCOしたほうが本物と言われる。後からCOしてもCOタイミングが遅いだけで偽物と決め打たれる。対抗するなら速攻でやろう。「なんか狼がCOしてる上に自分はまだ仮指定入ってるけど本指定になってから出たんでいいでしょ・・・」は通用しにくい。

たまにだが、真狩人COされた後に狼が狩人COしてくることがある。無駄に1縄使わせて、好きなところを噛める権利を得られるメリットがどれほどのものかは不明。漂白噛みするのか確定噛みするのか知らんが、どっちやっても潜伏狼に白羽の矢が立つと思う。そもそも、指定されてもないのにCOするのはメリットがあるのだろうか。狂人にとっては「何してんだオメー」だし、真占い師にとっては「なんか勝手に自爆しに来たわ」って感じである。←この作戦を狼が決行して狼が勝ったことは皆無。勝ち目があるとしたら真狩人が消えた一瞬の隙に真占い師を確実に抜くこと。狂人の囲いが疑われることは間違いないが、そこから頑張って一人で戦わないとダメ。

>占い師ケア吊りを目指したほうが勝てると思う。霊抜いてもどうせ吊られるのがオチ。真占いに黒出されたら泣くしかない。まあ、そいつが信用されてなかったら勝てるかもしれない。

吊り順としては狩人→狼→狂人となるため、生存3で単独でバトルすることになる。実質グレー3だが確定噛みなら囲い囲い言われる。噛み筋としては最初に噛まれてない占い師が白を出したところを活かすのがよさげ?実際のところは知らん。

 

仮配役

狼:ジェシカ、サンドラ

狩:エマ

占:メアリー

狂:ビル

霊:アンナ

市:ショーン、ゲイル、フランク

 

2日目昼

メアリー「ショーン白」

ビル「ゲイル白」

エマ「狩人CO」

ジェシカ「狩人CO」

アンナ「ジェシカのほうが真っぽいからエマ吊りで」

エマ「後出しCOとか聞いてないんですけどー!」

サンドラ「(最初にビル噛んでいかにもショーンが確定噛みしたかのように見せよう)」

 

3日目

アンナ「エマ白、ジェシカ吊り」

メアリー「フランク白。ゲイルかサンドラかフランクが狼かな」

ゲイル「勝手に囲い疑うなやメアリー」

ショーン「ゲイルさんもしかしなくとも漂白噛みですか?^^」

ゲイル「やんのかてめえ」

ショーン「114514」

※ここでメアリーに黒出されても詰みではない。村がメアリー狂サンドラ市民の線を追った場合、最悪のパターンとしてメアリー、ジェシカ、なんか狼で詰むのがわかる。

 

4日目

フランク「多分ジェシカ黒でしょ。ビル死んだしPP防止で占いケア吊りしよう」

メアリー「サンドラ黒なんだけど・・・」

ゲイル「そんなことよりもショーン何なん?」

ショーン「やんのかてめえ」

サンドラ「メアリー狂特攻乙wwwwゲイルとショーンのほうが臭いわ」

 

5日目昼

サンドラ「ショーンてめえ2日目の時点で確定噛みしたやろ」

ショーン「でっちあげ乙」

ゲイル「メアリーが狂なのか真なのかわからんけどショーン吊りたい」

ショーン「ゲイルさんこそ漂白狙ったのでは^^」

多分理想の流れ。

現実はそう甘くはないと思います。4日目の時点でメアリー真決め打ちされたら死ぬねこれ。逆いえばうまくことが進めば4日目昼で真占い師が生きてても勝てる。真占い師がただの置物と化せば狼陣営のもの。狼を吊れない占い師は実質上ただの紙切れに過ぎない。

吊り:真狩、狼狩、狂or真占い

噛み:真占or狂、霊、市民

 

霊を噛めても無慈悲な吊りは待ってる。飼われるのはほぼないだろう。

後出し狩人CO狼「うわーwwww霊守ってなかったら霊抜かれたわーwwww」

↑がどこまで信用されるかは不明。

逆に、真狩人(後出しCO)が霊守ってなくて霊抜かれたら間違いなく真狩人も死ぬと思う。

「じゃあ、今回だけ見逃してやるわw」とか言って真狩人吊り回避の環境が流行ると、後出しCO狼マンが霊抜き成功してもその狼が飼われる環境になりかねない。

2回市民吊っただけで負ける環境において狩人ローラーしないのは博打すぎるので、非推奨。ローラーしただけで確実に人外が1吊れる環境においてローラーしないのはアレ。アーマー?何それおいしいの?

 

今更ながら狩人さえ倒せば盤面は自由に組めますね。

そう思うと狩人の回避COに乗っかって狼が狩人COはアリかも?

但し、そこからは潜伏狼の孤軍奮闘が待ってる。この作戦をやるなら初日のうちに決めておかないといけないし、COする人の位置から噛み筋を立てる必要まで出てくる。グレー4から狩人COが2人も沸く光景は異様だと思う。

 

狩人回避から発生する環境に関してはまた考えたい。

 

280結果先CO後

従来:ロケットCO→280で結果

現在:280で結果→CO

 

特に何の意味もない作戦に見えるのだが、ちゃんとした意味はあると思う。

まず、狼を維持でも囲いたい狂人はすぐに真占い師や真霊能者の位置を知りたいはずだ。そこで真占い師や真霊能者が先にCOしてしまうと、狂人が後出しで「こいつに白打つのはやめよう」とか考えてしまう。というか、実際にこの作戦をとった狂人は少なからずどこかにいるはず。

ゲーム開始時は300カウントだが、280までの間に結果などいくらでも書き換えられる。つまりそういうことである。

実際はその間に村スラやら霊スラやらわけのわからんことをしてくるやつ(その中には狼も入ってる)がいるのでまともにこの作戦を取れないこともあったりした。てかあった。

 

「じゃあ、狂人は先にCOすればいいんだな?」と思うかもしれないが、「後にCOしたやつはいくらでも結果書き換えられるからCOは早い者勝ち」とか言ってたらキリがない。そんなこと言ってみんなロケットCOしてしまえば従来の作戦と何も変わらなくなる。それこそどいつもこいつも結果書き換え放題である。だからこそ真はロケットCO控えるべきだし、真のロケットCOが廃止されればロケットCO=狂と見られかねない。てか、ロケットCOの6割は人外とかいうわけのわからない理論を述べるやつまでいる。

狂人やってて真目取りたいなら280結果先CO後の戦法を取り入れたいところである。

 

以前にも書いたのだが、3-1進行においてはこの戦法は強烈すぎる。どこに白を出せばいいかわからないまま、狂や狼が占い師に白を当ててしまった場合、たった一晩で破綻が確定する恐怖が付きまとう。

「じゃあ、狂がロケットしよう。そしたら狼は大丈夫だ」ってのはさっき言ったことと変わらんし、狼がCOする保障などどこにもない。

3-1進行による狂人の立場は非常につらいものがある。常に破綻の恐怖が付きまとう。狼が初日囲いしてくれてることを信じるなら、3日目からテキトーに黒打つしかない。そもそもしょっぱから破綻と隣り合わせなので、身投げするしかない。まあ、白打ち続けでもいいと思うんだけど、4日目の朝まで生き残れる保証はほぼない。噛み筋次第では生かしてもらえるけど生きてても「狂だから狼が残してくれただけ」って思われて吊られるのがオチだろう。どうせ安全策で吊られる。村視点で黒ストが生きるのは初日に黒出せる時ぐらいか。(そもそも3日目朝で黒ストしたところで、狂が生きてたらその時点で実質最終日となる。んで、占いの真贋が確定してない状況で潜伏狼の位置わかりますか?)

また、COタイミングを合わせることにより、「狼が出たからCOするのやめよう」とか「狂が出たからCOするのやめよう」とかもできなくなる。霊スラや村スラもなくなるだろう。狼が村スラするメリットは知らん。てか村スラした時点でヘイト溜まるのはガチなのでいらんことしたくない人はしないだろう。実は僕自身村スラなんて1度もしたことない。する勇気もない。

 

狂は狼に白当てた時点で破綻リーチ。自分が吊られない限りは破綻が確定する。

真が吊られる→狂が破綻確定。

狼が吊られる→誰が真か一発で判明。その真が生きてて黒が出たら・・・と思うと、悠長に霊チャレなんてしてる暇はない。狩は霊守りか攻めの姿勢で「こいつ真だったらいいなー」守りのどちらかだろう。それ以外もあるかもしれない。

 

狼だって白を打つ位置次第では破綻する。

真に打とうが、狂に打とうが、白打たれてないやつが吊られたら終わり。

Q.狼が破綻しない方法って何ですか?

A.初日から味方を囲ってください

狼は真も狂も霊もどこにいるのかわかりません。霊のCOまでもが280に統一されれば、狼は初日囲い以外の安全策がなくなります。

「どこでもいいから白打つかw」だとCOした占い師に打っちゃったらまずいです。

「俺が白打ったとこ以外吊っていいよ」って堂々と言えるのは真だけです。

狂「俺が白打ったとこ以外吊っていいよ」→狼死亡or破綻確定+真生存

 

Q.上記の理論で行くと狼が初日に白出したとこは思考停止で吊ってOK?

A.それしすぎると今度はわけわからんとこに博打で白打つやつが出てくるかも

 

あくまで僕が見た限りですが、3-1において初日囲いはほとんどです。てかしないやつを見てない。初日囲いできないぐらいビビりなやつは速攻で吊られるのはマジ。そもそも、初日囲いどうこう言ってたら真が初日に白出したとこも疑われることになるはず(けど、なぜか真が白出したとこに限って疑われないのがデフォ。大抵途中で真贋確定するし、狼が白出したとこ全部グレー落ちの時点でお察し)

 

狂人の誤爆と確定黒

理屈はともかく、3日目昼で誤爆決めたり、真占い師と黒を出す位置が被る狂人が増えた。

誤爆して吊られることはないくせに、真占い師と黒が被ると速攻で吊り。

誤爆した時に限って吊られず、特攻した時に限って吊られるという理不尽仕様。

こうしてみると、誤爆しても吊られなければセーフじゃね?と思うのかもしれないのだが、黒を出す≒確定黒を作る可能性ってのが常に出てくる。

「じゃあ、真が白出したとこに黒出せばいいじゃん」って思うのかもしれないのだが、もし、真占い師が対抗の白をいきなり占ったとしてそれは信用されるだろうか。

狼側は狂人のサポートをしたければ、真占い師が白を出したところは食わないで放置しておきたい。時と場合によってはグレーを噛むのもアリだろう。狂のことを真だと思ってるやつは食っていい。狂としてはそいつを黒扱いするのはしんどいはずだ。

よく、狂が仕事しないから負けたとか言ってる狼がいるのだが、逆もあると思う。狂の占い先と結果は狼の噛み筋である程度変えられる。狂はこれにこたえるために占い結果をある程度でっち上げられるようになっておきたい。

極論、狂視点で真が白を出したところに黒を出さざるを得ない環境にしてしまえばいいのだが、昼が終了した時点で唯一のグレーを食ってからの狂が真が白出したとこへの黒出しってのはいくらなんでも狂のやってることが露骨すぎるので、グレーに黒を出しても大丈夫な環境作りをしたいところである。まあ、狂も狂で空気読まないといけないのでしんどいっちゃしんどい。

 

誤爆と確定黒つくりを避けるには?

とにかく白出し続けること。

狼が初日吊り回避+狂の囲いが決まれば強い。(遅くても3日目までには囲いたい)

絶対に黒を出さないといけないタイミングはなんとなく把握する。

狂人で圧死決められたら強いかも。真占い師が白出したところが残ってたら圧死を決められる。残ってなかったら仕方なく黒を出そう。そこが狼だったら泣こう。

(実際にそこが狼で泣いた狂人はいる。グレー位置の狼は占いの真贋がつかないため、どうしてもこの事故が起こる)