【人狼ジャッジメント】流行りの詰み進行?

真狩人に白を出す狂人&人狼に黒を出す真占い師

→真狩人と人狼が狩人CO

全員の視点で狩人COしたやつが黒確定

 

下図の配役

市民2/パン/霊/占い/狩/狂/狼2

 

f:id:velociraptorRe01:20180728075338p:plain

白確しやすい役職や市民陣営の役職が多い部屋だとなりやすい展開。

この場合はグレーのロディとサンドラに黒出されたフェイが黒で確定。

 

グレー3の狼2で白を出す=白出たところ以外は全員人狼という扱い

自分が白出したところ以外に黒が出た→そいつは人狼で確定

 

狂人が確定白を作れば作るほど人狼側は厳しくなる。

上図のような誤爆は普通に起こる。黒を出していなくても、全視点で誰が人狼か確定させてしまう白出しは実質上誤爆とみてよい。

こうしてみるといかに普通村がまともなバランスだったのかわかる。

9人~10人部屋は市民が3人いないと人狼側が割と不利。

10人部屋の市民2は割とハードモード。

 

◆実例

市民
怪盗(医者をパクった)
医者
巫女
霊能
占い
狩人
妖術
賢狼
大狼

このような部屋でも妖術や人狼がミスれば割と詰みは起こる。

昨日この部屋でやったのだが、実際に妖術が医者に白を出して、占い師が賢狼に黒を出した。また、霊は初日突然死で狩は初日貫通で吊られてる。

残りのグレーが大狼確定の盤面。巫女初日CO、怪盗に役パクられた奴が2日目CO。この時点で白が2体も増えてるという事案。

あえてここで人外側の抜け道があるとしたら医者だから妖術に黒出された宣言+元医者から医者パクった宣言。当然だがこのような場面ではそういう真実を早く言ったもの勝ちなのでどうしようもないってのが現実。

実際の試合では妖術の視点漏れで真目0+盤面的に黒の位置が全員確定という状態で詰み。

 

◆対策

今回のような詰みを回避する手段についての考察。

・真占い師を噛む。

当然の処置。噛めなくても今回みたいに妖術師が勝手に誤爆することは防げる。

よく「狂人を噛めても真の信用が落ちる」とか言われてるけど、真の信用を落とすことよりも狂人の誤爆を防ぐ方が重要だったりすることもある。

現に1度も囲わずに市民に白を出し続ける狂人は実質上敵である。グレー詰めだけで詰むので。さっきも言ったがこれは実質上誤爆である。

真も狂も実質上敵なのでどっちが真かわからなかったらとりあえず噛む。安全策はこれしかない。

・迷わず役職に黒を出す

初日の市民への白出しはしゃーなし。何せこの部屋には大狼がいるのでそいつが大狼の可能性がある。1/2の確率で初日吊りは免れる。どこにいるかわからない賢狼に白を出すよりもこちらに賭けたくなるだろう。

今回のような詰み進行になるとは思わずに白を出す奴は多い。

いつものことだが、人狼も騙り人外も真に黒出されることを想定してないのか割と酷い事案が起きやすい。このゲームにおいて最強の役職が占い師であるということを割と忘れている人が多く感じる。

独断と偏見だが初日に占い師噛まない時点で信用勝負をやれと言われているようなものなので、容赦なくいろんなところに黒を出してもいい感ある。2-1で信用勝負は割と危険行為。縄に余裕がある部屋だと黒が出た時点で終わる。真か霊のチャレを強要させられるので。

時と場合によっては片白から人狼が後出しで狩人COしないとけないような盤面もあるので注意。対抗がいないから真で見られるとか悲しみの極みでしかない。

そのような盤面になって出ればいいのかでなくていいのかわからんのはきつい。

 

部屋に入る前から盤面を読めるようになる。割と必要なスキル。

迷ったら人狼1残して他は占い師に出る。ありよりのあり。

偽占い師、サイコ、賢狼、大狼の部屋で真偽最賢とかも考えた。

現実は真偽-真だった。非情である。

正直、人外がアホみたいに騙らないと盛り上がらない。4-1でも3-2でもなんでも展開していけばいいと思う。何かにビビって潜伏してる人狼や黒を出さない狂人が多い印象。積極的に荒らしていきたい。

 

f:id:velociraptorRe01:20180728081949p:plain