【人狼J】まったくわからん 黒猫の立ち回り

本気でわからんやつ。結論から言うと何しても勝てる可能性はあると思うし、負ける可能性もある。

 

大体立ち回りは3種あると思う。

1:潜伏

2:占い騙り

3:霊騙り

それぞれについて触れていこうと思う。

 

1:潜伏

序盤は特に何も塩しないやつ。

指定されたらなんか回避する。黒猫いる部屋は大体猫又もセットでいるので、真猫又を対抗で塩させるために、猫又塩するのはあり。しかし、何かしらの理由で独断で潜伏続行を選ぶ猫又がいるため、決して思考停止で有効とは言えないのがデメリット。

塩する=吊り回避=別のグレーが指定される=狼が吊られる確率が上がる

そういう意味では塩するのはある意味地雷ともいえる。塩して初日吊りの確立を上げるか、塩せずにネコ踏ませるかは自由。てか、塩しても真猫が潜伏した時点でお察し。

一番ダメなのは塩→真猫出ない→狼吊る→真猫踏む これ。超最悪のパターンである。これやらかすのがいやがゆえにまじで塩しないという選択肢もとれる。最悪、佐々木死亡もあり得るがやむを得ない、黒猫という役職にデメリットしか感じないのであれば、噛まれに行くのもある意味妥当ともいえる。ただし、PPやRPPはしづらくなる。

むしろ、狼が潜伏してる猫又を噛んでしまった場合、部屋の編成によっては自分の偽が確定する。そして、吊られる。黒猫は吊られることによって仕事を成せると思っている人が多いと思うが、個人的にはそれは間違いだと思っている。なぜなら、道連れ先が必ず人狼以外の誰かであるため、人狼の潜伏幅が狭まるからである。

黒猫は積極的に吊られに行っていい役職ではなく、むしろ吊られてはいけない役職ともいえることがある。猫又を道連れにできればラッキーだが、それ以外だと地獄になることも。よく言えば運ゲー、悪く言えば迷惑。これ。

 

潜伏まとめ

メリット:吊られて凶悪な役職を道連れにできる可能性がある

デメリット:吊られると潜伏幅ダウン、自分が塩することにより占い範囲が狭まる、真が独断で潜伏続行もあり猫踏みで偽確定、そもそも猫を踏ませてはいけない、黙って吊られると猫が潜伏を続行したままのことがある

なんというか、デメリットのほうが多いような・・・?ここまでくると重要役職を道連れにできない限りは生存価値がないともいえる今日この頃。

 

 

2:占い騙り

狂人と同じようなことをする奴。

よくあるのが狂人系、妖術師、人狼とバッティングして占いロラ始まっていきなり吊られる奴。大体これも潜伏幅狭まる&最悪味方の死もありえる。やはり気軽に吊られていい立場ではない。

逆に、開幕占いロラではなくてグレー吊りからのもう1日グレー吊りなどでうまくいけばその次の日でPPやRPPを狙えることが多い(人狼目線で黒猫が生きてるのが確実になるので)ので、そういう意味では占い騙りはメリットがある。

とにかく、開幕占いロラだけは阻止しなければならない。極論、占いロラする奴に思考停止で片っ端から黒打つのもアリじゃね?とも思えてくる。大体、占いに黒がいるとは限らないのに占いロラいきなり推す奴は何がしたいのだろうか。ホンマこれである。てかつまらん。市民陣営としても人狼陣営としても。いい加減、ロラ反対委員会とか作ってほしいものである。デフォ村3-1で開幕グレー吊り流行れまじで。たぶん面白いと思うから。(そもそも2-1で2日目に占い決め打ちしてるのに、3-1だといきなりロラ始まるのはおかしい。2-1よりも3-1のほうがグレー狼の潜伏幅が狭まるはずなのに、なぜロラから始まるのか不思議なぐらいである)

そもそも、グレーの狼を探せないような奴が占いの真偽をつけられるのだろうか。否、無理である。どのみち決め打ちは避けられず、それだったらもう開幕グレー行こうぜってなる。あと、そっちのほうが楽しいと思う。せっかく、占いで出たのに初日で吊られたらおもんないでしょまじで。

 

占い騙りまとめ

メリット:人狼が黒猫の位置を把握しやすいので、PPやRPPを狙いやすい(開幕グレー吊りが大前提)/ゆえに狂信者や佐々木が積極的に偽黒を打ちやすい

デメリット:ロラ反対。いきなり吊られたら終わり。そもそも思考停止で吊る奴が多すぎる。

ロラで開幕真つれたらラッキーじゃね?と思うかもしれないが、個人的にこれは間違いだと思っている。なぜなら、そんなことしても正解にたどり着くやつはたどり着くからである。霊がいる以上、偽黒判定を出しづらい中、本物だけは冷酷に黒を告げる。そもそも占いロラしても狼側が負けるようじゃあお察しだがとにかく真が黒さえ吐ければほぼ勝ち確なのにここ最近の環境はとにかく占いロラなので草生える。

黒猫占い騙りによるPPやRPPの引き金を引くのは2日目狂信者の偽黒ぶっぱからの3日目でPPないしRPP開始。このゲーム、狂信者が強いとほぼ勝てます。吊り余裕が1しかない部屋では積極的に偽黒を打っていきたいような打てないような。(黒猫は誤爆あるので)

とにかく、PPやRPPをして勝ちたいのであれば占い騙りがオススメです。吊られたら知らん。むしろ占いロラ推してくる奴を全員ロラしましょう。そうやって安定()を求めてるやつはおそらく全部市民です。たぶん勝てます。

 

3:霊騙り

ガチで勝ちたいのであれば個人的にお勧めしない。なぜなら、霊で出る黒猫とかもはやテンプレと化していて、放置されることが多々あるからである。

そもそも、部屋によっては吊り余裕が1しかないのにその1を霊ロラで消費するのはどうかと思う。ゆえに霊ロラでいきなり黒猫が吊られるのは絶対消し飛ばしてはいけない位置(とくにグレー界隈)を消し飛ばすこともあるので、霊ロラされそうになったら意地でも耐えなければならない。真より先に吊られるのは論外である。黒猫ストは黒猫にとっては何としてでも阻止しなければならない案件であり、人狼陣営全員で頑固として霊にいる黒猫を守らないければならないのである。もし、それができないようであれば狼が霊に出て吊られたほうがマシである。(狼が減るのはデメリットだが、市民陣営に使わせる縄の回数のことを考えればある意味そうとも言える)

「占い行ったらロラされた死ね。」という考え方の人にはお勧めかもしれない。霊黒猫主張しまくったらたぶん霊ロラは免れるのでそのままグレー吊りに持っていける。ただし、超高確率でそのうち人狼があっという間に全滅するので注意。てか、霊黒猫の敗因の10割は霊ロラが成されてないことである。

実際、霊騙り黒猫の体感3割~4割は「霊ロラ推す奴は黒で見る」と言ってくる。そして、あろうことか自ら黒猫COし、霊ロラのデメリットをひたすらしゃべる。しかも、村目線で。お前どっちの味方やねん。

霊騙りして黒猫COしてひたすら村目線でしゃべるとかいうアホなことしたい人にはオススメ。運営的に見ればただの利敵行為だがまあ気にすんな。相方や女王バラす奴とか諦めて狼自白する奴と比べたらマシ。たぶん。

 

肝心の霊判定は知らん。偽アピいらないです。何せ偽アピしなくても「どっちかに黒猫いるのがわかってる以上、いつかはPPないしRPPを狙える」ことを人狼はわかってるので。

霊噛む奴は知らん。バグか何かです。いたらスマホぶん投げましょう。

 

メリット:占い騙り同様、人外がPPないしRPPを狙いやすい(見えてるので噛む心配がほぼない)

デメリット:ロラ大反対であり、初日に吊られるのはもはや御法度である。グレー吊りによる狼の死亡率↑、占いの確定白ができやすい(占い師3人いれば2人から白もらっててもそいつを吊れるワンチャンあるので)

 

 

占い騙りと霊騙りの両方に言えることですが、猫又をあぶりだすのは無理です。

でも、潜伏でもあぶりだせるとは限りません。問題はそこです。真の独断潜伏決行や、真切り貫通とか、自分が指定されないとかいくらでもありえます。なぜか、黒猫初日吊りは村にとってラッキーと言われるぐらいここ最近の村はPPやRPPを嫌います。

そもそも、人外で結託するのが好きという人は積極的に潜伏しないのもアリだと思います。PPやRPPや人狼陣営の華ともいえるので。批判的な人もいますけどね。正直、そういう勝ち方嫌いじゃない。むしろ、長期戦のほうがしんどいし、そもそも人狼吊れない市民が悪い。

 

真狂猫-真狼で開幕猫吊り。もはや論外である(最大ブーメラン)

人外は出れば出るほどロラに弱くなる。ハッキリワカンダネ。

ゆえにロラ推す奴はやはり黒。吊らざるを得ない。