【2021年秋華賞】 ※本ブログ再開のお知らせ

そろそろブログをまともに再開させることにしました

 

 

最初に

競馬にわかです(ウマ娘から入りました 今で4か月目)

馬券は1度も買っておりませんが競馬はテレビで見てます(夏競馬はあんま覚えてません)

一応、ディープインパクトとかキングカメハメハとかクロフネとか、ノーザンファームとか、武豊とかルメールとか福永とかそういうのは知ってます

よろしくお願いします

 

下記、競馬初心者みたいな雑魚みたいな発言しかしておりませんがなんかやばい発言があったらスルーしてください(にわかを主張することによって難を逃れようとする弱気な姿勢を見せていく)

 

ちな、予想を後で載せても仕方ないのですが予想としては

※右側の数字は結果

◎ソダシ → 10着

○ファインルージュ → 2着

▲アンドヴァラナウト → 3着

△アカイトリノムスメ → 1着

にしてました

ソダシが飛んだら何が来るんやろな?とは迷ったのですが、最後まで▲以上はつけなかったアカイトリノムスメが勝つことに

「行けても2着だろこれ」って思ってた

ユーバーレーベンは最初から切ってました

 >オッズに関しても完全にそれが表に出ていたと思う 単勝は最後まで10倍以上だったみたいだし

個人的に脚部不安はちょっとね・・・ 今後も厳しいのかも わからないが

ソダシもソダシでやべーんだけど(母ブチコの呪いじゃね?)

むしろアカイトリノムスメのほうがまだ将来安パイなんか?

今回の2着~3着馬は何とも言えん 無理ではないが楽ではないという印象

今のアカイトリノムスメが今の4歳~5歳勢に通用するかは知らん グランアレグリアだとかクロノジェネシスとかいう一番アカン奴は引退まっしぐら(クラブ馬なので)なのでこいつらとブチ当たる心配はない むしろ同期の牡馬のほうがヤバそう 特にマイルだとシュネルマイスターとブチ当たるのが一番怖い 1個下の世代は知りません(コマンドラインとかあいつしょーみどうなん?)

 

ソダシ10着

まずはここから

なんであんな負け方をしたのかわからねえんだけど原因上げるとしたらこれ

※合ってるかどうかは知らん

◆レース中

札幌記念と同じノリで行ったらなんか知らんけど死んだ

 >逃げの後ろという2番手につけるのは札幌記念と同じムーブ

札幌記念で勝ったせいかマークされた(たぶん)

 >クソ目立つ

 >レース前の関係者のコメントを見る限りではソダシを意識してるっぽい

札幌記念がもはや斤量差&勝ちに行った輩がやらかしまくった?

 >いいところで展開不利を受けたラヴズオンリーユー、自ら逆噴射したトーラスジェミニ

・ほかの奴らが思ったよりもバカみたいに成長してた?(特にアカイトリノムスメ)

 >逃げでも中々飛ばないエイシンヒテン(4着)、そもそも今年の3歳馬はレベルが高い可能性

 >シュネルマイスターが毎日王冠で勝てているので成長してる感は否めない。あと、ピクシーナイトのスプリンターズS。3歳馬が古馬混合G1勝てているのは久しぶり

・上位人気(2番人気~4番人気)勢の本気(1着~3着)

エイシンヒテンについていったら疲れた

・最後の坂(上る前から既に怪しかったけど)

・芝が札幌とは違った

・なんか寒い(推定)

 

◆レース前

・1頭だけなぜかポケットから出ずにゲート前に来るのが遅かった

・ゲートの中で平気で暴れる(他にもいたが)

 

news.yahoo.co.jp

 

いろいろ書いてましたがどうも歯が折れていた模様

これレース以前の問題では

いつ折れたのかは知らんがいつ折れててもおかしくない

考えられるとしたら

・レース前の馬場入りの際(1頭だけまだポケットで止まってたとき)

・ゲートの中で暴れたとき(ブチコ血統なのでわからんでもない)

・スタート直後(動きが怪しすぎる)

・走行中(第3コーナーあたり?)

なんで折れるのかは知らんがここ数か月競馬を見てて歯が折れるっていうのは初めて見たわ

 

敗因が歯だったらマジで「は?」なんだけど

 

ブチコ産駒なのが今になって祟った感じ?

奴も現役時代はまあまあヤバいことをやってたとかなんとか(ゲートぶち抜いて勝手に走る&翌年にはゲートを粉砕して外枠発走)

今になって母親の黒歴史を掘り起こす羽目になるとは

 

アカイトリノムスメ

桜花賞4着(1着ソダシ、2着サトノレイナス、3着ファインルージュ)

オークス2着(1着ユーバーレーベン)

尚、上記の馬に関しては

桜花賞馬:歯を折って秋華賞10着

サトノレイナス:足をやらかしたので休養中

ファインルージュ:オークス11着→紫苑ステークス1着→秋華賞2着

ユーバーレーベン:足やらかしてからのぶっつけ本番で13着

とまあまあカオスなことになってる

アカイトリノムスメは新馬戦こそ7着というアレな結果になってるが以後は悪くても4着とかそんな次元

現状、桜花賞3着~4着の馬が安定してる感じ(1着と2着が負傷をかましたので)

 

三冠配合にて秋華賞を取ったものの、アパパネ産駒自体は初のG1制覇とか

しかも今まで父ディープで揃えられている(アパパネの2020は父ブラックタイドだが)

 

とりあえずG1おめでとう

まあこれから先色々あると思うけど

次走は知らん 1600~2400のどこかを走りそう

「俺は秋華賞馬だぞ!」ってぶいぶい言わせながら行けるのかは知らんが

 

 

ファインルージュ

特に書くことないんだけど2着ということで

尚、キズナ産駒

乗ってたルメールは今年牝馬三冠全部2着(サトノレイナス、アカイトリノムスメ、ファインルージュ)どーなってんのマジで 故にルメール牝馬シルバー三冠と化した

アカイトリノムスメ→戸崎

アンドヴァラナウト→福永(デビュー時から固定)

となってるのでファインルージュがルメールになった感 ファインルージュ自体はここ3戦は福永が乗ってたのだが福永がアンドヴァラナウトに乗るのでこうなった感

知らんけど

 

同じジョッキーは何人もいないので乗り変わりが発動するのはやむなし

 

アンドヴァラナウト

今回の3着

鞍上はあの福永先生

ピクシーナイトに続き2つ連続G1勝利と行きたかったがちょい届かず

Youtubeにて色々話していたがソダシのみならず周りもヤバかったというのがオチ

ローズステークス1着は決して弱くないと思うんだけどオークス2着とか桜花賞3着とかちょいと次元の高いやつもおったよなあって感じがした(こいつもまあまあ次元高いけど)一応、今回で初めての連対外しにはなるが、複勝率は100%を維持

枠に関しては1着~3着まで5枠~7枠なので比較的外枠が上位に入れている感じがする

むしろ負けたソダシが内枠を引いていた感じ(先行馬くさいのがことごとく外枠を引いていたのはなんかあるのか?)

尚、ソダシは一部では「桜花賞と同じ2枠4番を引いたので勝てる」と言われていた模様。今回は競馬どころではない事案が発生していましたが・・・

 

エイシンヒテン

4着 逃げ馬 ローズステークス2着

ソダシが思った以上に伸びてこなかったのでワンチャンあるかと思いきや後ろから3頭突っ込んできたので4着 やっぱ逃げは難しい けど掲示板は外してない

尚、10番人気の模様 適正距離がわからんがまだまだ挑戦は続くと思う

 

スライリー

掲示板に入ったので書くことにした

正直に言うとだれかわからん(15番人気)

オークス12着→紫苑ステークス15着→秋華賞5着なのでよくわからん

尚、オルフェーヴル産駒

ここまで来たんだからなんか重賞1個ほしい感なんだけど簡単ではなさそう

 

ステラリア

武豊なので記載

オークス13着からのぶっつけ本番 9番人気だった

結果は6着

 

アールドヴィーヴル

ローズステークス3着からの7着 6番人気

キングカメハメハ産駒

 

アナザーリリック

NHKマイルC7着→佐渡ステークス(新潟1800m)1着からの出走

実はアールドヴィーヴルと同じく同着で7着 8番人気だった

 

ミスフィガロ

勝ち馬アカイトリノムスメや歯が折れたソダシと同じ馬主(金子真人

ディープインパクト、母父キングカメハメハというまあまあチート血統

 >母の母はブロードアピール あの根岸ステークスで有名な奴

 >って言いたいんだけど、勝ち馬のアカイトリノムスメも父ディープ母父キンカメという意味では同じ血統だったりする。母は流石に違うが。

尚、ディープインパクトキングカメハメハ金子真人馬なので実質金子真人ワールドになってる(他2頭も金子真人ワールドだけど)

12番人気で9着だった(ソダシの1個上)

よくよく考えれば血統に同じ馬主の馬があちこちにいるのやばくないか?

ソダシも母父キングカメハメハだしわけわかんねえんだけどもう

なんで自前の馬まみれの血統でG1取れるんですかね?

馬ってノーザンファームから買うのが普通じゃなかったんか? セリで超強いやつを競り落とすのが普通じゃなかったんか? 知らんけど

 

ディープインパクトって既に産駒のG1勝利数がおかしなことになってる(ディープの父であるサンデーサイレンスといい勝負してた気がする)んだけどディープが死亡した後にも関わらずまだその数が未だに更新されているのは普通に考えて恐ろしいこと

こいつの時代はいつになったら終わるんや?

 

スルーセブンシーズ

7番人気で11着

母父クロフネ(ソダシは父クロフネ

個人的には3着以内ありえると思っていた馬(晴れになったので切った)

1勝クラスだが重馬場で実績を残していたのでワンチャンあると思ってた

そもそも1勝クラス重馬場で実績を残したからと言ってワンチャンあるのかは知らんが

こないだ神戸新聞杯で勝ったステラヴェローチェじゃあるまいし(あっちは不良馬場のサウジRCを勝ったので)

 

サルファーコスモス

11番人気で12着

キングカメハメハ

今後どうなるかは知らん

 

ユーバーレーベン

5番人気で13着

オークス馬 尚、シロイアレノムスメ

過去の脚部不安が祟ったのかこの結果に そもそも阪神2000にユーバーレーベンは合わない気が

今後どうなるかもわからん ここ最近のオークス馬って割と不穏な動きが多い

3歳牝馬の5月で2400mを走った奴には呪いがかかる たぶん

てかゴルシ産駒で脚部不安なんてありえるのか

あんまりゴルシに似てないような(ゴルシはあんまヤバそうなケガしてるイメージないし)

 

エンスージアズム

16番人気(最低人気)で14着

ディープ産駒

ローズステークスで7着

桜花賞(8着)やオークス(18着)にも出走していた つまり三冠レース皆勤

他にもそんな奴がいそうだが誰かはわからん 少なくともソダシとアカイトリノムスメはそう あとはワカンネ(まあ、大体が上位人気だったり上位着順だったりすると思うけど、下位着でも皆勤はおるんだなって思った)

今後は知らんが1800のイメージが強い 少なくとも2000以上はアカンのかも

 

クールキャット

13番人気で15着

フローラステークス1着 オークス14着 ローズステークス11着

尚、フローラステークス2着はスライリー(今回の5着馬)である

どうしてこうなった

2枠3番で地下馬場道の時点で既になんかやばい動きをしたやつ

全然クールじゃないぞこいつ

尚、14着とは10馬身差空いてたりする 何があった

 

ホウオウイクセル

14番人気で16着(最下位)

ルーラーシップ、母父スペシャルウィーク、母母メジロドーベル

血統だけ見たら普通に強そうに見えるんだけどこれ?

フラワーC1着(2着はエンスージアズム) 桜花賞9着 紫苑ステークス13着

尚、フラワーCの3着はユーバーレーベンであり、5着はクールキャットである

フラワーCとは何だったのか

 

 

総評

わかりま宣言

とりあえず全頭思ったことを書いた

って言っても途中からなんか過去のレース結果とか血統とか載せてるだけだしうんって感じ(だって書くことねえんだもん)

とりあえず桜花賞掲示板に乗った馬は大体今後何とかなるっていうことで(1着は歯が折れ、2着は足をやらかしたということに関しては目を瞑ろう)

とは言ったものの17着のヨカヨカが重賞を勝ったり(引退したが)、18着のメイケイエールがスプリンターズS掲示板に入ったりとそういうのが起きてるのでとんでもない下位勢でもなんとかなる可能性はあるみたい

 

今回出走した馬たちの今後について

個人的に今後が気になる馬の今後を考えてみる

しょーみ下位着でも気になるやつは書く

僕が勝手に思ってるだけなので実際にどうなるかは知りません

ソダシ

今回の敗因を歯とみるのか、それ以外の何かと見るのかで今後が変わりそう

距離や競馬場の問題(札幌は洋芝&最後の坂がない&慣れている馬が少ない?)ならマイラーへ転向桜花賞馬という実績を振り回せばある程度は通用しそう。シュネルマイスターとかいう同期のヤバそうな奴がいるが)、最終手段はダート入りも可?(ブチコはダート走ったし、クロフネはダート最強馬?(これに関しては異論がクソほどありそうだが個人的にはダート2戦2勝ってだけでダート最強馬扱いされるのは意味不明すぎると思っている。とは言ったものの、流石にあの意味不明な着差に関しては何の説明もつかないが)なので、別にフェブラリーSとか極論ドバイ(左回り2000で坂なし?)も行けんじゃねって気はしてる。流石にドバイは言い過ぎだと思うが。

オーナー、厩務員、調教師、ジョッキーが下す決断はいかに・・・?

歯が折れたまま一生出走させるわけにはいかないと思うのだがどうなんですかね

今後何が起きようとも桜花賞馬という実績には変わらない

あとは無事に繁殖入りしてくれるかどうかですね まだ白馬伝説は続きそう?

 

ユーバーレーベン

ヤバくない?

エリザベス女王杯は流石にない(強行軍にもほどがあるっしょ)として、次走ワカンネ感。ジャパンカップに出たら面白いやろな感。少なくとも短い距離の右回りとかには向いてなさそう。ゴルシはダービーもジャパンカップも走らなかったんだけどなあ?少なくともシロイアレノムスメで片づけてはいけない気がする。おそらくだがこいつの強さに関しては血統では語れない気がする。今までの常識を覆す何かがあるのかも。

こいつはゴルシに似ない何かとしか思えない(共通点は「ステイヤー?」というところだけ おそらくだがこいつはステイヤーな気がする)

このご時世で牝馬で流石に天皇賞春は絶対に無理だと思うが・・・

 

アカイトリノムスメ

無事、秋華賞を勝てたのでピックアップ

個人的にはこいつが最も将来性に関しては安パイな気がする(他2頭はまだ不穏な要素がある)

次走は知らんが1600~2400のどこかな気がする

オークス2着だから2400はNGって感じではなさそう

桜花賞4着に関しては1600NGかと思いきやそのころにはまだ成長が間に合ってなかった可能性が・・・って言える気がする

要するにこいつは今後に化ける可能性があるということ。今回はその第1章にしか過ぎないっていうやつ? 知らんけど

三冠配合の末路はいかに まずは1冠なのかそれともこのまま終わるのか

しょーみ、G1走れるクラスの馬って意外とちらほらいるからマジでその中でG1取り続けるのって無理ゲーだよなって思う。現役ダービー馬が平気で数年かけても勝ち数0とかあったりするし(こないだ勝ったけど) あと、不良馬場の菊花賞以来1度も勝ててないあいつとか

理想は牝系親子三代G1制覇 難易度は並じゃないと思います^^;;

 

ファインルージュ

わからんけど2000周辺がよさそう

 

アンドヴァラナウト

福永がんばれってことで

2000が適正なのかなあ

ファインルージュとの再戦は普通にありえる

アカイトリノムスメの路線次第では奴との再戦もありえる

一番当たらなさそうなのはソダシ おそらく奴だけ2000未満常連になりそう

 

エイシンヒテン

一生逃げ続けると思う

G2以下ならまだ何とかチャンスはあるかもしれない 問題は対古馬 何と当たるかわからん 今の2歳世代もよくわからんしこいつが5歳になっても走っていたとしたらこいつの2個下に何が出るかもわからん いきなりグランアレグリアみたいな意味の分からん奴はたぶん出てこないと思うが

G2メンバーとの争いのつもりがG1ホースが殴り込んできたという案件は普通にありえるため楽に重賞を勝たせてくれなさそう なんか1個ぐらいほしいけどね メンバー次第ではありえるか? 果たして?

父のエイシンヒカリが現役時代に意味の分からない走りをしたので(左回りでどんどん右側にヨレて行き、最終的には外ラチギリギリを走行してたアレ)こいつは・・・?

たぶん大丈夫だと思います

 

ミスフィガロ

血統だけ言えば父ディープインパクト、母父キングカメハメハという意味ではアカイトリノムスメと同じ

しかし、決してクソ強い馬とは言えない状態

今後はG3を走るのか果たして?

距離的には2000のイメージ 今の2000はたぶん安全 多分似たような奴が多いから 後ろから行く競馬をしてるっぽいので東京2000も問題ないと思う もしかすると右回りよりも左回りのほうが強いのかも 東京、中京、新潟に出たら注目してみるのも面白いかも 周りにヤバそうなのがたくさんいたら知らんが

 

スライリー

5着だからとりあえず書かせて(6着以下に関しては書きすぎるとカオスになるので 既にカオスだが)

なんかクラシックだから距離延長した感が否めない(1月の1勝クラスで勝っているが1600 以降、東京2000のフローラSで2着)

左回りとか右回りとかあんま関係なさそうだがマイルG3の1600~1800ならチャンスが回ってくるのかも

年下と現4歳勢に関しては知らん 2021年勢はたぶん弱くないと思う 2020年勢はちょっと不穏ですね^^;; 誰かさん同様、年下勢からヤバいのが大量発生したらヤバい感

 

最後に

いつの間にか7000文字を超えていた

まともな記事になったとは言えない

需要のある情報はおそらくない

気が向くままに自由に書くだけだから(アフィリエイトもしていないのでアクセス数を稼がないとヤバいということはない)

今後も自由に書いていこうと思う