ピスケス杯メンバー決定

アグネスタキオン(先行)

マヤノトップガン(逃げ)

ゴールドシップ(追込)

これでいきます

 

選出理由は以下の通り

 

アグネスタキオン

エース候補。

スピード補正20%は強い。長距離はスタミナを盛るのがしんどいので自然とスピードも盛りづらくなる。ホントに育成難易度が高いのはガチ。

長距離で使いやすい?回復固有持ち+自力でレースプランナーを覚えるので強い

回復固有は条件さえ満たせば無条件で発動するので強い

エストロは不発で死亡するが固有ならそういうことは起きない

但し、タキオンの固有の条件はかなりシビアなので過信できない(3位~4位を走行は普通にキツイ。せめて2位でもOKにしてほしかった)

阪神3200において逃げや先行を出す人は少ないと思われるので、何かしらのカバーは必須。2月24日のアプデで下校が発動するように調整されたので間違いなくゴルシ3みたいな展開がそこいらで起きる。未だに下校が発動しないまま脳みそがアップデートされていないプレイヤーは知らない。ゴルシいないPTに負けることもありえるが長距離なので間違いなく追込はゴルシが多くなる。一応、ほかの追込でもスキルによってはゴルシっぽいムーブ(現実世界の競馬で言えば”マクリ”に近いか)ができるようにはなったがだからといってゴルシがいなくなるわけではない。

ほぼ同条件のライブラ杯(京都3000)で先行1追込2がテンプレ(なぜそういわれていたかは知らないが)とされていたらしいので、相手PTが平然と「先行2追込4」が起きやすいと思われる。無策で挑むと後ろが多すぎて3位~4位を走るのが厳しくなる。

そもそも、本来のタキオンは2000~2400を走らせるウマではなかろうか

 

マヤノトップガン

タキオン単騎だとタキオンが1位~2位を走行して固有不発のまま沈んでいく可能性が高いので入れる。

入れたところでマヤノ1位、タキオン2位の可能性もあるがそこのところは運。何かの間違いで逃げ3になるとタキオンが先行の先頭を走らないといけないシビアなゲームになるのでどのみち運ゲーでしかない。逃げ2先行3でも先行のドベを走ればアウトになる。

理想の編成パターン

逃げ2 先行2

逃げ3 先行1

このどちらかしかない。

それ以外は前に行き過ぎて自爆するか後ろに行き過ぎて撃沈するかの択と化す。そもそも、先行で5位を走っている時点で負け確のようなものなので一番懸念しないといけないのは2位以上を走って自爆するパターンである。逃げ2先行2でも3位走行が安パイ。

道中スキルを入れすぎると逃げ2先行3や逃げ3先行3でいろいろごまかせる可能性はあるが、逃げ1先行3で2位走行する危険性が出やすい。どのみち相手依存すぎる気が・・・

大前提としてウララシステムとはマッチしない前提なのでそこのところは一切考慮していない(ライブラ杯でウララシステムを見なかった。そもそもツイッターを見る限りでは「ウララシステムを使うやつ=外道」らしいので晒されたくなければ使わないのが吉。チャンミで最も強いといわれている可能性が高い編成はエース3枚だと思う。そういう理論で言えばこの編成は欠陥まみれだが気にしないことにする。そもそも長距離でエース3枚ってどういう編成が正解かわからない。追込ゲーすぎるのが問題。

長距離逃げ仲間にセイウンスカイがいるが差別化はできている(自前で金回復を覚えるか否か)

そういう問題で言えば嫁マヤノはマエストロを覚えるが★3交換券はファインモーションに使ったので原種マヤノで走ることにした(この辺に関しては語ると長くなるのでパス)

役割としてはタキオン固有不発防止なのでエースではない。どちらかというと蓋の役割。蓋をしたいだけなら大逃げサイレンススズカを入れるという選択肢もあったが初期長距離Eはさすがにめんどくさい&大逃げの解放条件がキツそうなのでパス。(逃げで勝ちまくるのは意外と難しい。競い合いが起きないと詰む。わかる人にはわかる)

あと、蓋とか言っておきながら1ミリでも勝てる可能性を拾おうとしているが故にスタミナが1ミリでも足りそうなマヤノを選択したというところもある

 

ゴールドシップ

タキオンをエースにするなら逃げ2+タキオンでいいのだが、追込ゲーの予感もしたのでゴルシもいれた。

先にPT完成させて「やっぱり追込ゲーじゃん」ってなると問題なので入れる。要は環境がどう転んでも大丈夫なようにするというのが結論。追込3とかにしないのは追込同士で潰しあいが起きると困るから。どのみちゴルシ以外勝たなさそうだが過去実績で言えば長距離はゴルシ以外勝てていないのも事実。長距離チャンミでゴルシ以外で勝てない人ってそれはそれで問題だと思うけどね。ゴルシ以外でも勝てるようにするのが強いPTだと思う。ゴルシ以外じゃ勝てない=ゴルシがやらかせば負けだから。ゴルシがなぜ強いかは不明だが長距離自体が追込有利すぎる&追込馬が少なすぎるというのが問題。このゲーム、スプリンターやマイラーも少ないけどそれ以上に追込馬の不足も目立つ。自前で金回復を覚えるか否かという問題もある。

ゴルシ以外の追込が勝つ方法は知らん。少なくともゴルシに近いムーブができるスキル編成をすることが前提だと思う。もちろん、金回復はいろいろ積む。強い人は1枚でも勝てるらしいがスタミナがカンスト近くまで要求される気がする。ただ、本気で追込でゴルシ以外で勝つならそれぐらいのことができないと話にならないかもしれない。問題はゴルシも同じことができること。ゴルシに近いムーブができるといってもゴルシも同じことができる。やっぱ追込ってゴルシが最強じゃねえの。長距離でマクリは反則だから。俺の中じゃ競馬の最強戦術はマクリだと思ってる。もちろん、先行したほうが強い。けど、このゲームって先行だと最高スピードに限度があるから差し追込で前に出たほうがよっぽど強い。ゴルシが強いのはこれのせいだと思っている。最高速度速い奴が道中で前に来るのは反則。加速スキルは博打(特に後ろの順位にいないと発動しないやつほど危険)なのでアテにしてはいけないと思っている。差し追込で道中前に出てあとはスペックの差でごり押しするのが最強という感じがする。実際問題差し追込で道中4位ぐらいにまで出ていると無敵でしかない。差し追込ゲーを阻止するには前を増やして壁を作るしかない。最近では先行加速スキルが現れたので多少差し追込ゲーへの対策にはなっている。但し、どうあがこうが最高速度で負ける。脚質別の争いは激化するが一生終わらないだろう。

PT方針としては滅茶苦茶だが今回はこれでヨシとする

・エース2枚で尚且つ1枚は運が絡みやすい(タキオン固有は博打要素がデカい)

・蓋にしては蓋に特化されていない逃げ(蓋特化なら大逃げスズカでいい)

経験則上、差しを入れるとなぜかゴルシが走らなくなる(前が邪魔&道中で前に行きにくい=そこいらのまともな先行馬に負ける)らしいのでゴルシを入れるなら前2人安定かも。前を増やせば敵の前キャラを潰しやすい。タキオンが2位で自滅してもそれより後ろの先行共も死亡確定なので強い。そこでゴルシも死んでたら知らん。これ、運要素減らすのきついぞ。運要素を採用したのは自分だが。(そもそも運要素に頼らざるを得ない盤面になっているのは自分のせいでもあるが・・・)あと、ゴルシ以外の追込をうまいこと作れる気がしないので追込はゴルシ単騎にした。(天井でだれでも選べるガチャの道中でタマモクロスを引いたが自前で金回復を覚えないので却下→天井して取ったのはカレンチャンSSRパワーライス不所持だったり(虹結晶も引換券もキタサンブラックに使った)、★3交換券でナリタタイシンを選ばなかったり(選んだのはファインモーション)など長距離育成に関しては環境がゴミすぎるが僕個人として長距離よりも短距離~マイルやダートを選んだ(そのくせ未だに該当距離でゴールド称号を持てていないが)のでそういう意味では問題はない。

やっていることはただの逆張りに近いところもあるが、「長距離めんどくさいし、中長距離はキャラが多すぎるのでマイル以下を強化したい」「なんかリアル競馬でもなんでもそうなんだけど中距離ばっかり注目されているのがなんとなくムカつく」「何が日本ンダービーじゃハゲ。ダービー負けたからと言って人生終わるわけじゃねえぞコラ」というところが本音。競馬関係者じゃないやつがこんなことをいうのもなんだが。要は王道より覇道である(やっぱりただの逆張りじゃねえか)。リアルのタイキシャトルJRA史上初の「マイラー年度代表馬を取った」という実績があるので偉大。ちな、俺と同世代。たぶんなんかある。(とか言っておきながら未だに未所持なのはある意味問題だが)

という前置き(ものすごく長かったが)はさておき、ゴルシは固有が強い&下校が強いので採用。下校不発のままだったらマジで投げてた。それでもゴルシ入れると思うけど。入れない理由がない。下校不発だと困るプレイヤーってタイシン持ってない人ぐらいだと思うけどね。マジで強い奴はウララシステムなんて対策しないと思う。使わないやつのほうが大半だと思うから。意味わかんないやつに遭遇して負けることを想定するよりもアホみたいにいる輩を倒せるようにするほうがいいんじゃないか?(ポケモンと同じ考え方)

 

 

長くなったのでまとめ

逃げマヤノ

先行タキオン

追込ゴルシ

 

これでいきます

脚質をバラけさせているのは同じ脚質で潰しあってほしくないから

僕の中では追込最強キャラはゴルシということになっています(むしろそうじゃないと困る)

逃げと先行はわかりませんが用意しやすい否という問題で言えばこのPTが正解かと

クリークはスピード補正ないので投げました

マヤはタキオンのオトモなのでスピードなくても許される(むしろたまにある逃げの独走勝ちを阻止するためにある程度のパワーと賢さを盛りつつ、たまに何かの間違いで勝てるかもしれないので一応スタミナも盛る)

ゴルシはエースなのでちゃんとスピード盛ります

距離が長いほどスピードの価値が高まるらしい(最高速度を出せる期間が長くなるので)ただでさえスタミナいるのにスピードも求めてくるの鬼畜でしょ。もちろん、この両ステがある上でパワーや賢さもあったほうが強い。つまり、全部いる。根性は少し強化されたらしいですが長距離で接戦なんてないでしょ。中距離以下のほうが根性必要だと思う。

 

◆リアル競馬の話(ウマ娘と関係ないです)

全ステータス1200が上限である内はウマ娘では長距離が最も難易度の高いレースとなっているが、リアルだとステータスは青天井なので中距離が最高難度と化しているようですね。勝った時の種牡馬としての価値が高いが故に実力馬が集まりやすく、スタミナさえあればどうにでもなる可能性のある長距離とは違う

たぶんあの世界、スピード1500おるぞ。

もちろん、リアルの長距離でもスピードは必要だが天皇賞春を勝っていたワールドプレミアが天皇賞秋でボコボコにされている以上(調子悪かったらしいけど)、今の天皇賞春でスピードを求められているとは思いにくい。「長距離でもスピードは必要です!」と言われてもワールドプレミアの結果を見てそれを言えるのかと思ってしまう。

もちろん、天皇賞春で勝てるスタミナを所持して天皇賞秋で勝てるスピードも所持しているのが最強であるが現代競馬においてそんなウマはいるのか?たぶんいない。だって直近で両方勝てたの誰よ。キタサンブラック以外にいたっけ。にわだからワカンネだけどキタサンブラックって実績だけで言えばマジでただのチートだったから(ドゥラメンテさえいれば・・・となるかもしれないが、彼は4歳の宝塚記念で終わったので何とも言えない)キタサンブラックって「チーターなので勝てました」感しかないんだよな。要はスペックで押してる。直近10年以内の武豊の馬ならたぶんあいつが最強。探せば他にもいるはずだが。春古馬三冠と秋古馬三冠どっちも落としたのは1ミリでも負ける要素があったから。JC落鉄は理解できるが宝塚記念はマジで謎。疲労ということにしておくのが丸いのかも。尚、クラブ馬だとあんなやばいローテはほぼ許されないと思うので今後春古馬三冠は10年ぐらいでないと思う。取る気があるのか否か問題が真っ先に上がる。エフフォーリア君に至ってはさっそく天皇賞春への不出走を表明した。そういうところだぞ。出ろとは言わんけどな。

一応、俺の中では天皇賞春秋制覇は無理ゲーだと思っている。普通、いない。だからタマモクロススペシャルウィークチーターである。

極端な話かもしれないが、仮にエフフォーリアが天皇賞春に出走してそこでスタミナ切れで負けたとしても問題ないと思われる。ステータスが青天井な環境だから最高速度が速い+道中で前に出れるスペックが高いほうが天皇賞秋で勝てて当然。しかも、あのレースはスタートで差がついた。コントレイルが負けたのはスタートをミスったせいである。別に福永は悪くないが本人は責任を感じているであろう。

あろうことか現代の競馬はスピードが求められやすい。メジロ牧場が終了したのはサンデーサイレンスのせい。こいつ1頭で環境が変わった。メジロ牧場の頭脳が退職したから方針がグチャグチャになって終わったという説も出ているとは聞いた。マックイーンの天皇賞春3連覇未遂はなんだったのだろうか。仮にライスシャワーが生き残っていたとしても環境は変わらないと思われる。

ウマ娘でステータスの上限が上がるとは思いにくいのでこのままだと一生長距離が最高難度かな?