2022年 弥生賞とチューリップ賞について

自分の競馬の記事リストを見ててふと思ったので

 

弥生賞

race.netkeiba.com

レース名が長い

db.netkeiba.com

db.netkeiba.com

クビ差って結構ギリギリだと思うの

 

出走メンバーを見る限りでは(前走に注目)

朝日杯組:ドウデュース

ホープフルS:ラーグルフ、ボーンディスウェイ

きさらぎ賞マテンロウレオ、メイショウゲキリン

共同通信杯アケルナルスター

京都2歳Sジャスティンロック

京成杯:ロジハービン

リステッド:インダストリア、リューベック、ジャスパージェット

条件戦:アスクビクターモア

 

誰が勝つのかよくわからない状況。

 

レース名になったディープインパクトは前走若駒Sから勝っている。

その理屈で言えば勝てるのはリューベックだがディープインパクトではないので1番人気ではない。

そもそも、本来の若駒Sは京都だが今年は中京で行われている。

 

ドウデュースは朝日杯を制しているがこの馬が2000mを走る保証はどこにもない

この時期の1600はマイラーでなくとも実力差で勝てる可能性があるのでそういう意味で朝日杯をとれたのであればこのレースも勝てる気がする

ここで勝てるかコケるかで今後が変わる気がする

朝日杯と弥生賞では競馬場は異なるが前者のほうが馬場状態は悪いと思う

この馬、比較的まともな良馬場でも走るんだろうか

 

マテンロウレオは普通に勝てる気がする

きさらぎ賞勝てるんだからたぶん勝てる

スペシャルウィークと同じローテしてるので勝てる

根拠はない

ホープフルSが6着で終わった理由は知らない

あの時期の中山はたぶん呪われている

 

ジャスティンロックはよくわからん馬

今年初出走ってどうなの

京都2歳Sって2歳重賞の中では珍しい2000mなのよね(他に2000mの重賞はホープフルSしかない)

ウマ娘やってて気づいたんだけどマジで2歳の中距離重賞って少ない

この馬がホープフルSに出なかった理由は知らないが貴重な2000m重賞持ちなので勝てる可能性はある気がする

 

ロジハービンは中山2000mのG3を2着(勝ち:オニャンコポン)

ある程度はいけそう しかし、着差がデカい気がする

細かいことはよくわからない

 

ラーグルフはホープフルSを3着

なんかいけそう 見た感じ穴っぽい

マテンロウレオに先着しているのはどう見たらいいんですかね

あのレース、オニャンコポンが11着なんだよな

ホープフルSの結果ってもしかしてアテにしたらダメ?

 

ホープフルS組ならボーンディスウェイもいる

こいつはマジで意味わからん

どこの着順になっても違和感なさそう

 

メイショウゲキリンもまあまあやる気がする

典型的な逃げ馬なので展開次第

やらかすか生き残るかはわからん

 

大体こんな感じで

本命がわからん

気になるのはジャスティンロック

2歳の中距離重賞を制した馬がこのレースでどこまで行けるのか気になる

ほかのメンバーは今年になってから既に走っているのである程度何かが見えている可能性はあるがジャスティンロックに関してはまだわからない

京都2歳Sを制して弥生賞を制した馬は実は存在する

db.netkeiba.com

そのあとは皐月賞9着、ダービー11着、神戸新聞杯11着、天皇賞秋16着と悲惨なことになっているが紆余曲折を経て小倉大賞典を制している

京都2S組の最高成績はワンダフルタウンの青葉賞ドレッドノータス京都大賞典

db.netkeiba.com

db.netkeiba.com

意外といけるんじゃないか?

 

次点で気になるのはドウデュース

先ほど、この時期の1600はマイラーでなくとも勝てる可能性があるといったがこれはグラスワンダーナリタブライアンのことを指している

彼らはどう見てもマイラーではないが有馬記念などを制した。だからこの時期の1600は実力差でどうにでもなるという根拠になるような気がする。20年前の話をしても仕方ないのだが・・・

従来、馬には適正距離なるものがあるはず(サクラバクシンオーニシノフラワーなど)なのだがなぜか牝馬三冠やウオッカのように1600~2400を走ったりする馬がたまにいる。理屈では説明できないところがある。果たしてドウデュースはそのタイプの馬なのだろうか。

 

そして、今年の弥生賞を制した馬は皐月賞で勝てるのだろうか

現状、キラーアビリティとかいうやばそうなのがいるのでわからないといったところが本音。こいつは何も起きなければそのまま皐月賞に直行する。エフフォーリアに続くキャロットファームの新兵器となるのか否か。こんな奴がそこらに現れたら終わりやで。

ホープフルSの結果がそのまま皐月賞に当てはまるとは思いにくいが彼の勝ち方はあからさまにおかしい。比較的前残りの結果になったが(後ろからそれなりにいい上がりを使った馬があんまり追い付いていない)着差がおかしい。印象としては強めだった。さすがに三冠の可能性があるとまでは言えないが騎手が騎手なので何かやる可能性はあると思っている。(乗り替わりだけど)

 

チューリップ賞

出走メンバーが阪神JFの2次会と化している

阪神JF:サークルオブライフ、ナミュール、ウォーターナビレラ、ステルナティー

クイーンC:ラリュエル

フェアリーS:スプリットザシー

エルフィンSルピナスリード

1勝クラス:サウンドビバーチェ、シークルーズ、ジャマン

新馬:ルージュスティリア、ツッチーフェイス、ホウオウバニラ、ピンハイ

未勝利:アンジェリーナ、オーソレミオ

16頭中、4頭が阪神JFからの出走

しかも内3頭が掲示板に入っている連中。

ステルナティーアが負けた理由は知らん。阪神JFは一応ハイペース(前半46.4の後半47.4)っぽいがサウジRCは前半50の後半46.4とかいうハイパーゴミカススローペース(そんなペースで逃げが撃沈しているのが一番意味不明だがおそらくスペック不足か何かだろう)で先行して生き残ってる。競馬場というかペースの問題?サウジで前走っていたのに阪神JFでは18頭中6-9という通過なのでそこまでちんたらしてない気がする。道中の順位的にはちんたらしてねえのに上がりがちんたらして撃沈。やっぱペースの問題では。阪神1600なんてどう考えてもごり押し大正義の先行ゲーなのに後ろから競馬してるやつが勝っているのはおかしい。

同じサウジRC組のコマンドラインホープフルSで撃沈した理由は知らんが今のところ「こいつ2000無理じゃね」って思ってる。1600の重賞を制しておいて2000で撃沈するのは恥ではない。ダービーに勝てない=引退じゃないから

ところで、阪神JFの馬場状態って良(笑)だった気がする(4日目とか書いてるけどそれより前に散々荒らされてからの4日目。実質18日目って見たほうがいい気がする)んだけどサウジRCって東京1日目なんだよね。

ペースどうこうもあると思うけど馬場がまともか否かもあるんじゃないのかなあ

今の阪神競馬場は馬場がまともなはず。ホントにまともかは怪しい(8日目で開催)が阪神JFの実質18日目と比べたらマシ。10月中旬から使いまわすのはおかしい。

だから、そんなまともな馬場なら先行しても許される気がする。

しかし、桜花賞までに3か月連続で阪神競馬場を使いまわすとかいう酷使ローテが組まれている(京都競馬場の存在に関係なく元からそうだけど)せいで実質18日目の馬場がまた降臨するので阪神JFと同じことになりそうな気がする。

要するに今回の結果はアテにならない可能性がある。クソ馬場でも良馬場でも走ればOKなんて馬が今回の出走メンバーにいるかは知らん。同じ良馬場でも開催日数に応じて脚質を変えないといけなかったり調教方法を変えないといけなかったりするのだろうか。

いまさらながら去年の天皇賞春は実質的に言えば阪神競馬場の24日目である。ところでなぜJRAは酷使ローテをしておいてなぜ第2回の1日目なんて表記したりするのだろうか。素直に第1回13日目なんて書けばいいのではないのだろうか。この辺に関してはよくわからない。ただ、第1回の12日目と第2回の1日目も変わらない気がする。最内を狭くして「馬場を綺麗にしました!」と言ったところで次の最内はある程度踏み荒らされた状態で出ているので本当に綺麗な第1回の1日目とは違う。ガチで最内走りたいなら第1回の第1日目を狙うのが鉄則な気がする。まあ、G1レースなんて大体クソ馬場で行われているけど。先日、誰かさんが東京2000mでエフフォーリアの秋天より速いタイムを出したらしいが馬場に差がありすぎる。どうしても馬場状態で勝敗が分かれてしまうケースはある。

 

まとめ

途中から関係ない話を挟んだがふと思ったのは

 

弥生賞:気になるのはジャスティンロックとドウデュース。ジャスティンロックは京都2歳Sの実力がどこまで通じるか、ドウデュースは朝日杯馬がどこまで行けるのか。

チューリップ賞阪神JF上位組が勝てるなら桜花賞もチャンスありそう。ステルナティーアはここで勝てても怪しい気がする。展開も大事だが馬場も大事。

 

今更だけど桜花賞で勝つにはクソ馬場への耐性が必須って割と鬼な気がしたんだけどG1レースのほとんどがクソ馬場耐性必須だから開幕でしか走れない足って結構不便だよなって思った。ダービーから数日後の馬場で勝てる奴は強いってあるんだろうか。(どこかでそういう噂を聞いたことがある)

db.netkeiba.com

将来的にデカい舞台で輝きたいなら東京新馬戦への出走は必須なのかも。

2着馬も実はG1馬だったりする。桜花賞ではボコられた。以降、いろいろあったがやれることはやった。グランアレグリアとどこで差がついたかはわからないがたぶんアレはグランアレグリアがおかしいだけだと思う。

ja.wikipedia.org

こいつ、ある意味ではニシノフラワージェンティルドンナ、アーモンドアイと同等って何かのバグでしょ。(桜花賞を制しておきながら同年で古馬を重賞でボコった)

グランアレグリアの何がやばいかってアーモンドアイを安田記念でボコったこと。

やっぱり藤沢厩舎ってチーター製造機だわ。ディープ産駒最強候補の1頭な気がする。他の最強候補はジェンティルドンナとコントレイル。グランアレグリアがなぜ三冠馬相手にあそこまでやれるのかわからない。

 

この先、競馬で生き残るには馬場を選ばない足が必須なのだろうか

天候、距離、展開・・・

天候を味方につけるのは難しい。三冠馬でも天候には勝てない。先ほど名前を出したグランアレグリアも不良馬場で沈んだ。

距離は何とも言えない。選べるので温情。但し、三冠を狙うなら距離の壁を何度も乗り越えないといけない。特に目立つのは桜花賞馬によるオークスでの撃沈。そこからスプリンターに転身した例もある。

展開はメンバー次第なので天候の次ぐらいに厄介な要素。マヤノトップガンのように自由に脚質が使えればある程度はなんとかなるかもしれないがみんなが自在にできるわけではない。田原成貴は世の中に1人しかいない。「展開的に逃げができそうなので逃げします」「ちょっと出遅れたので追込します」「逃げ馬がクソ速いので先行します」という自由がどこまで効くか。

 

とにかく競馬で勝ち続けることはやはり難しいということ

なぜ勝てなかったのかよくわからないレース(いつものような反応がないなど)

 >たまにある

出走メンバーのレベルが高すぎた

 >重賞馬によるG1出走での結果が・・・

距離が長すぎたor短すぎた

 >スプリンターやマイラーの中距離への出走

突然の故障

 >サイレンススズカなど

馬場が悪かった

 >不良馬場になった途端に走らない

展開がやばかった(意味のわからない逃げ、前が壁、先行総崩れ、スローペースによる前残り)

 >2009年エリザベス女王杯、2016年スプリンターズステークス など