読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメRewrite 第14話「三杯のコーヒー」

最初に

原作をTerraまでプレイした人の感想です。ネタバレ注意。

 

2ndシーズンが始まりました

2ndシーズンが始まりました。Moon&Terra編のスタート。記念すべき2ndシーズンの1話目は、枝世界の瑚太郎の記憶を振り返るという内容と、篝に何度も対話を試みるがあっけなく殺されてしまう瑚太郎の話だった。

 

枝世界の瑚太郎

・ある時は小鳥と籍を入れていた(HF小鳥√)

・小鳥との対話の末、抹殺される篝(小鳥√)

・ちはやとデートした記憶(ちはや√?)

・朱音と一夜を過ごしたことも(?)

・壊れていく世界の中で静流と再会の約束をする瑚太郎(静流√)

・追いかけてくる黒犬を静流が撃退(静流√)

・ダブルチア(HFルチア√)

・浜田みちこと結婚

・紛争地帯でガイアの魔物と戦闘

・ミドウと戦う(ちはや√)

いくつかの記憶は、同じ世界のものかもしれないが、整合性の取れない記憶がある。6股なんて普通はありえない話である。故に、整合性なんて取れてない。ましてや、ガイアにいた記憶と、ガーディアンにいた記憶がある。浜田みちことの結婚に至っては、何がどうなればそうなるのかはマジでわからない。

 

最初の数分にあった小鳥と瑚太郎の対話について

小鳥の知ってた瑚太郎は今の瑚太郎ではない。今みたいに優しい人間ではない。人間ではない何かだったかもしれない。Terraやってたからこそ、小鳥の言ってることがわかるシーン。Terraの瑚太郎はマジで今までの瑚太郎とは違ってた。小鳥に対しては優しいのやの文字もなかった。

小鳥の目の前にいた瑚太郎は、小鳥が作った幻想にしか過ぎない。自分にとって都合のいい存在であり、人間じゃなくて魔物だと言われている。あのシーンからすると、篝もろとも瑚太郎を抹殺しようとしているようにも見える。まあ、小鳥√で小鳥が篝(がいる生活)に対してストレスを感じていたのはガチなのだが。

それにしても、遠距離から一発で篝を打ち抜く静流がやばい。流石、ガーディアンと言ったところか。

Q.瑚太郎「救済って何だよ!?」

A.静流「破滅だ」

 

篝との対話について

1期の最初同様、何度も殺される瑚太郎。近づいただけで死、しょーもないセリフ吐いただけで死、理論を見ただけで死。とにかく死にまくった。

だが、そんな篝でもコーヒーには勝てなかった。コーヒーを飲ましただけで落ちるヒロイン。コーヒーが飲めるのは枝世界も月でも変わらなかった。どこの世界でも、好きなものは変わらないように思える。

瑚太郎は、篝との対話は不可能だと感じていた。が、たった三杯のコーヒーがそれを変えた。篝は決して対話不可能な存在ではない。たった三杯のコーヒーで意思疎通が取れる存在だった。

 

最後に

まだ1話なので、これから先どうなるかはわからない。ただ、今のところは原作と変わらないように感じる。1期は瑚太郎が無理しすぎて世界が滅んだのだが、2期がどうなるかはわからない。命の理論、オカ研メンバー集合、そしてTerra編へとつながるようには感じる。1クールでどうやってまとめるのかは知らない。今度こそ瑚太郎が世界を救ってくれると信じている。